久しぶりビジネスクラス

今回のフィリピンへの出張では行きも帰りもビジネスクラスに乗ることができました。航空券はエコノミーなのですが、ラッキーアップグレードです。(格安航空券ではなく、定価購入なので残席があれば優先的にアップグレード)

マニラまでたった4時間半ぐらいの空の旅だしエコノミーでも全然問題無しとは思うのですが、今回はやっぱりビジネスっていいなぁと実感。勝間和代さんの時間に投資という考え方にも影響されているかも。

まずは行きの成田空港、フライト2時間前についた僕の前に広がる膨大な人の海。JALエコノミーカウンターははるかかなた先です。「並んでいたらお土産買う時間ないよ・・」

長大な列に並ぶのをギブアップし、アップグレードされてますと説明してビジネスの列に。こちらはさすがに列が短かったので、余裕を持ってお土産ゲット。さくらラウンジで生ビールを飲みながらホッと一息。

カレーの匂いに誘われ上の階に移動、もぐもぐビーフカレーを食べてみます。すると、斜め前に座っていたのが会社の隣の部の先輩で、お互いビックリ。これからバンコクに向かうんだとか。

日曜の夕方に成田で会ってしまう、ちょっと切ない前泊出張サラリーマン2人。そうそう、ビジネスクラスの効用の話でした。

行きと帰りで映画を計3本。離着陸時などで日経ビジネス、日経アソシエなどの雑誌を4冊。席も広々で移動時間も十二分に活用。荷物も早く出てくるし。フライト前後の時間も短縮できるし。やはりエコノミーに比べれば時間を効率良く使いやすいなぁと。

勿論それは日々の時間を既に大事に使っているというのが大前提ですが。

今度は試しに新幹線のグリーン車に乗ってみようかな。どんな違いがあるのか体験してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です