新宿鮫シリーズ

先日久しぶりに大沢センセイの著作に触れ、鮫様の再読を決定。
最新刊に手を伸ばす前に過去作品を振り返りたくなりました。

新宿鮫 新装版: 新宿鮫1 (光文社文庫)/光文社
¥778
Amazon.co.jp
毒猿 新装版: 新宿鮫2 (光文社文庫)/光文社
¥929
Amazon.co.jp
屍蘭 新装版: 新宿鮫3 (光文社文庫)/光文社
¥886
Amazon.co.jp
無間人形 新宿鮫4~新装版~ (光文社文庫)/光文社
¥価格不明
Amazon.co.jp

上京して社会人になった際の最寄りのターミナル駅が新宿だったので、おっかなびっくり歌舞伎町界隈を歩きまわった昔を思い出します。今やすっかり足が遠のきました。

夢をかなえるゾウ/飛鳥新社
¥1,728
Amazon.co.jp
夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神/飛鳥新社
¥1,620
Amazon.co.jp

こちらもなんとなく懐かしくて。

水野さんがミズノンノとしてオシャる技術というネット連載を始めた頃に注目し、本人への興味が募って、恋愛教師 水野愛也という謎のセミナーに足を運んだっけ。

その後にこの夢をかなえる象が200万分を超えるミリオンセラーとなりました。同世代の一人としては引き続き応援したいと思ってます。

さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)/新潮社
¥555
Amazon.co.jp

シーナ先生の昭和軽薄体なる文体のデビュー作品と解説があったので、あらためて読んでみました。確かに軽い。

悶絶スパイラル/太田出版
¥1,512
Amazon.co.jp

舟を編むは面白かったなぁとおもいつつ、三浦しをんさんのエッセーを。確かに笑えるけどちょっと自分テイストでもない気が。

ヴァニシングポイント/マガジンハウス
¥1,512
Amazon.co.jp

31歳で肺癌となり余命2年と宣告され、念願の小説発売後3日目に死去。最後のブログが「死にたくないな。書店で会いたい。本屋でセットで買ってくれ。」読了後、40歳まで生きられたことにしみじみと感謝。

竜の涙 ばんざい屋の夜/祥伝社
¥1,620
Amazon.co.jp

女将が一人で切り盛りするカウンターだけの小料理屋を軸に繰り広げられる人間模様。自分にとってのばんさい屋、休み屋に行きたくなりました。

これが第2作というので、早速1作目をポチッとな、です。

2015年はかなりのハイペースでの濫読となっております、今のところは。

■ 53冊(2015年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です