濫読折り返し

20日ほど早く、今年こそはの200冊濫読も折り返し到達。


(読書しているとかまってちゃんが2匹出没)

5月よりのスキマ時間勉強開始で読書量は落ちてるので後半はキツそうです。

残る6月中に読めた冊数がアドバンテージに果たしてなるか。

プライド/新潮社
¥1,512
Amazon.co.jp

ハゲタカの真山さんの短篇集、いいですなぁ。

やはりハゲタカシリーズ再読突入しようかしら。。

プリズム (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥745
Amazon.co.jp

色々なご発言で物議はかもしてますが、やはり一級の語り部かと。

全著作読破まであと数作残してますが継続。

天国旅行/新潮社
¥1,512
Amazon.co.jp

こちらは三浦しをんさんの心中をテーマとした短篇集。

既読6作、過去作品がまだまだあるので引き続き読み進めるのが楽しみ。

秘密 (文春文庫)/文藝春秋
¥734
Amazon.co.jp

こちらも多作の大作家、東野圭吾さん、いや先生。

自分の中でのランキング1位のはずの原点に回帰したくて再読。

10年前に読んだ時と違って、娘親の視点が今はあるから感触が違う。

やっぱり妻も娘も失ったような気がして、ちょっと悲しい。

イベリコ豚を買いに/小学館
¥1,620
Amazon.co.jp

夢中で読み進めてしまったノンフィクション物語。

普通、いくらイベリコ豚に興味をもったからといって自らスペインから豚肉を

仕入れてハムにして売りますかね。(実現まで4年)

思わず登場人物の皆様の息吹を感じたくて即ポチ購入しかけましたが、

ちょっとココロ落ち着けて妻子が日本に到着した頃合いに届くようにしようかと。

今まで、イベリコ豚は黒豚、ドングリを食べていると思っていてスミマセン。

(黒豚はバークシャー種、イベリコ豚は確かに黒いけど別種。おまけにイベリコ豚の中でもドングリを食べさせているのは、イベリコ・ベジョータ。ドングリを食べさせていない通常飼育のものはイベリコ・セボ。ベジョータも1年中ドングリを食べている訳ではなく、1年の一定期間を放牧されてドングリを食べまくる特殊な飼育法・・と一気にイベリコ豚の虜になっているんですけど、どうしましょ。)

早く、イベリコ・ベジョータの生ハムとか焼いた肉食べたぃぃ。。

■ 100冊(2015年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です