濫読スタートダッシュ

2015年は心機一転、200冊オーバーの濫読を復活させます。
→来年は200冊復活!

(早速、50冊まで借りられる近所の公立図書館で借りこんできました)

まずは手始めに日本語本コーナーで目に付く未読タイトルを濫読対象に。主に小説です。(それも直木賞や芥川賞作品などが殆ど。。)

利休にたずねよ/PHP研究所
¥1,944
Amazon.co.jp

蜩ノ記/祥伝社
¥1,728
Amazon.co.jp
まずは直木賞受賞の歴史物を二作品。ほんと戦国や江戸時代に生まれず、現代に生まれてよかった。(いつも思います)
彼女について/文藝春秋
¥1,285
Amazon.co.jp
愛に似たもの/集英社
¥1,404
Amazon.co.jp

つづいて女性作家を2作品。

吉本ばななさんは意外なファンタジー系、唯川恵さんは相変わらず少々の毒入り。

右岸/集英社
¥1,836
Amazon.co.jp

中山美穂と別れた旦那様、初読み。。(こんな小説を書くのですね。。)不幸な話なんですが、対となる左岸にも手が伸びてしまいそう。

新参者/講談社
¥1,728
Amazon.co.jp

東野圭吾先生は、ホントうまい。
僕の中のNo.1は今も変わらず「秘密」ですけど。

回転木馬 (祥伝社文庫)/祥伝社
¥751
Amazon.co.jp
旦那が突然失踪して私立探偵の事務所を引き継いで10数年探し続けるって・・その背景設定が思いつかない、プロですな。
月と蟹/文藝春秋
¥1,512
Amazon.co.jp
草の記憶 (集英社文庫)/集英社
¥566
Amazon.co.jp

非常に対照的な子供達の世界を描いたニ作品。月と蟹で喉が渇くような緊張感を覚えたあとで、シーナ先生の世界にホッと一息。

久しぶりに、休暇も活用して活字の世界にドップリと。(妻は少々呆れ気味) やはり読書は一級のエンターテイメントだなぁと実感。

短時間であちらこちら様々な世界を転々と覗き見てきた気分です。脳のあちこちを刺激するきっかけにもなっております。

まずはサラサラと茶漬けを流しこむように読んでみます。
同時にアウトプットは仕事でがんがんと。

■ 9冊(2015年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。