世界で通用する個

会社で、今北純一さんの講演を聞く機会がありました。
テーマは「世界で通用する個」。

仕事で成長したい5%の日本人へ (新潮新書)/今北 純一
¥735
Amazon.co.jp

(著作を再読して講演に臨む)

東大修士から旭硝子~米国留学と傍目には順調にも見える(特に当時では)生活を捨てて、英オックスフォード大学の招聘教官、スイス研究機関、仏ルノーからエアリキードと欧州を舞台に活躍。(ルノー公団で何千人のフランス人の中で唯一の日本人、ル・ジャポネと呼ばれたエピソードは印象的)

毎日が大小様々な戦い、対決の連続の中で、いかにスキルではなく、コンピテンシーを磨くかというお話。ちなみに、コンピテンシーとは、判断力や決断力、知見や人間力と定義されているそうです。

何冊か以前に著作を拝読した印象では「結構激しいお方では」と想像していたのですが、穏やかで自然体なお姿。だからこそ内に秘めたオーラとパッションの熱さを感じました。

特に印象に残ったのは、他者ではなく自分自身との戦い。不安や自尊心、羞恥心や怠慢、どれもこれも自分自身が負け続けている手ごわい相手達。

あらためて、自分の身の丈にあったゴールをしっかりと設定して、この世界の中で通用する個人を目指して自分を磨かなくてはと考えました。

世界で戦う知的腕力を手に入れる/今北 純一
¥1,575
Amazon.co.jp

・・腕力もないし、さして知的でもないんですよね、困った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です