華氏

華氏。

地元の友人ダンサーのことではなくて、温度の話、ファーレンハイト度。

久しぶりに、オンスに続く単位の話です。

僕らが慣れ親しむ摂氏=セルシウス度ではなく、華氏が米国では一般的。

どうやらメートル法と共に摂氏へ切り替えを進めた中、米国は抵抗したらしい。


(米国らしいなぁ)

しかし、華氏32度が摂氏0度で、華氏212度が摂氏100度。

ややこしいことこのうえない。((華氏-32度) x 5/9=摂氏)

でも天気予報と共に温度情報は頻出なので、これは覚えるしかありません。

32度を下回ったらマイナス。

50度は摂氏10度

70度はだいたい20度(21.1度)

80度はだいたい27度(26.7度)

90度はだいたい32度(32.2度)

100度はだいたい38度(37.8度)

ヒューストンの夏は常に90度をこえ、軽く100度も超えるそうです、ひぇぇ。

車のエアコンは75度(23.9度)、家のエアコンは78度(25.6度)に設定。

どちらも80度にするとちょっと暑く感じるので、徐々にカラダをナラシ中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です