ウィキッド〜ミュージカル観劇メモ

先週末、ゴルフの汗を流しおとして、さっぱりと着替えて向かったのは市内中心部のTheater District。そう本日はお一人様ミュージカル鑑賞。

今回はNY出張時のご褒美のBroadwayではなく地元ヒューストンのHobby Center。7/6から8/14の期間で大好きなWickedの国内ツアーが周ってきたので参上。(妻も8/13の回を予約済み)

久しぶりに休日にジャケットを着て街中に出かけました。細身のズボンが冗談のようにきつくなっていて恐ろしや。。

IMG_8391

ミュージカルスクール。4-6歳のクラスがあってサマースクールも開講しているのは密かにチェックしていたんですよね。でもここまで1時間以上かけて娘の送り迎えはちょっと大変なんだよなぁ。。

IMG_8392

普段それなりにちゃんとした服装をして集まるヒューストンの人々を見る機会がないのでちょっと新鮮。あと気のせいか細身の人の割合が多い気がします。Whole Foodsで買い物しているお客さんに細身の人が多いのと理由は一緒かしら。。そして見渡す限り1人で来ている人はゼロ。

Wickedを英語で観るのは2回目。前回はBroadwayで2014年11月に。(過去ブログから転載しました→カツ丼と魔女)日本では四季で3回ほど観たことがあります。

なんとなく国内ツアーだとBroadwayに比べ二線級なメンバーで構成されているのでは?というイメージがありますが、BroadwayのPLAYBILLのWho’s Who in the cast読んでいても、国内ツアーでチャンスを掴んでBroadwayに活動を移す役者さんも多いようなので、未来のスター探しという楽しみもあるのかも。

IMG_8395

(視界は一部限られますが前から2列目、B列の一番右端。安かったので)

今回のツアーのエルファバ役のEmily Kochさんも、Broadwayではエルファバ役のスタンバイ(控え)だったそうですから待望の主役の機会でしょう。

それにしてもDefying Gravityは相変わらず疾走感が素晴らしい名曲。自分の中ではエルサの声のIdina Menzelさんは、Wickedのオリジナルキャストでエルファバ役で2004年のトニー賞の主演女優賞を取られていたんですね、緑色の肌も似合ってるわ。アゴのとがりぶりも魔女っぽいし。

主要キャストの中ではフィエロ役のJake Boydさんのイケメンぶりが際立ってました。あとはマダム・モリブル役のWendy Worthingtonさんの名演(怪演)。61歳とは思えぬ元気ぶり。お姉キャラかと思ったら、ちゃんと?女性でした。

本日のEnsembleの中での自分好みを探せ!(勝手にコーナーを創作)では、Melissa Legaspiさんの表情と踊りっぷりに痺れました。(個人HPを見つけちゃいました→カワィィ

IMG_8385

(妻子は日本で劇団四季のアラジンを観てきたそうな)

奥様と同じミュージカルを観て、あとで感想を交換できるなんて今から楽しみだなぁ。(あと地味にYちゃんの意見を聞くのも楽しみです)少しずつミュージカルの楽しみ方の幅も広がってきた気ました。(少しずつオタク化が進行)

自分もイエローですし、肌の色の多様性を受け入れる社会であって欲しいと思います。ダラスの事件もあり少々物騒ですので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です