信用されてきた男

苦節・・というほどの期間はかかっておりませんが、

渡米から8ヶ月、ようやくクレジットヒストリーが構築されたようです。

変化を感じたのは昨年12月、急にクレジットカード会社からのDMが。

それもpre-approved という文字が踊り、なにやら既に1次予選突破な雰囲気。

米国生活とクレジットカードは切っても切り離せない関係。

かくいう私も・・

■ チュースのクレジットカード審査に落ちる

■ JAL USAカードの限度額はわずか2,000ドル

■ 既に乗ってる車のリース審査に落ちる

などなど、華麗に信用力の不足が招く小事件を引き起こしてきました。

ようやくこの時が来たか。

あらためてということで、一度審査に落ちたチュースのユナイテッドへ申し込み。

見事に21,000ドルの限度額付きで新しいカードが届きました。

凄いのが最初の3ヶ月以内で2,000ドル使うと、なんと50,000マイルのボーナス。

今年は無理ですが、さ来年ぐらいであれば妻子帰省がマイルで実現できるかも。

(時期によるかもですが、要280,000マイル)

辛いユナイテッド修行(利用)ですが、そんなことを考えてると励みにも。

今後、僕の普段カードをANAからUNITEDに切り替えます。

普段からマイルのこととか考えている男はセコいとの意見も読んだことありますが

でも、どうせ同じく使うお金であれば、少々工夫するのはいいような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です