ヒューストンでちゃんちゃん焼き@Capital Grille

年末に同僚を連れ内輪でのホリデーランチ。今年も頑張ってくれた仲間達に感謝を込めて。

向かったのは近所のCapital Grille。全米に50店舗以上を展開するステーキチェーンで、味とサービスに安定感があるので時々訪問先で利用しています。(→ロングアイランドで・・

さーて、太りたくはないけど、何を食べようかなとワクワクたぐったメニューで目に飛び込んできたのが・・

SEARED CHILEAN SEA BASS
Served with sake braised mushrooms and miso butter.

ん・・シーバスが、まさかの酒と味噌とバターで・・!?

こ、これは・・

とっても上品に調理されて盛り付けされていますが、自分の郷土料理である、北海道は石狩の名物、秋鮭のちゃんちゃん焼きと全く同じ味の組み立てです。キャベツが下にあしらわれていることからも間違いない。Insprired by CHAN-CHAN-YAKI !!

→公式WEBのSEAFOODにしっかりのってます

とっても美味しい。。しかし、これで44ドルは高いですね。(どのメイン料理頼んでも高いですが)

やはり、家族での食事は引き続きに中華やベトナムを中心として(批判を浴びつつ)、外で食べると高い洋食系は出来るだけ自宅で再現を試みるという方向で来年も取り組めればと思います。

(中華街で北京ダックは1羽でも25ドルぽっきり)

それにしても2016年の外食費(夜のみ、ランチは除く)がなんと年間1万ドル。(2015年は6500ドルだったので大幅上昇、、出張日数増のせい)

さらに自宅利用の食材費、ランチ、カフェ、水代などを加味すると相当な金額に。海外生活でエンゲル係数25%というのは高いのか普通なのか。(ドル収入の定義次第とは思いますが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です