通信費レビュー2022〜支出の最適化

2022年もそろそろ締めに近づいてきたのでマネーフォワードの家計簿を少し振り返りながら、来年への作戦会議です。

まずは定番の通信費から。ここは過去に見直し済み・・のはずで今更手を付けるところはないはずですが、果たして。

夫婦の携帯はソフトバンクのセカンドブランドのワイモバイルで2019年から契約しており、手をつけておりません。現在のプランはSプラン(3GB)で、2人で月額5,000円弱。

自分のプランを見るとデータ増額オプション月額500円がついており、実績を見ると必要度が微妙だったので、これを解約。月額500円の削減だから、これで年額6,000円の支出の最適化。

次は・・LINEMOに乗り換える作戦ですね。同一グループなので無料期間付与の特典はないようですが、、同じ3GBのミニプランとした場合、夫婦で月額を約2,000円まで下げられるのは凄い。ちょっと乗り換えの評判チェックもしてみます。

我が家のネット回線はNURO光に乗り換えたのが2021年。1年間の料金が安いボーナスタイムは2022年7月で終了となったので、現在は月額5,200円ほど。こちらは大きな不満もないので継続で。

現在は月額1万円の通信費、LINEMOに乗り換えたら月額7千円もありですか。さてさて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。