ふるさと納税2021方針〜日用品を楽天で

ふるさと納税2021の方針を確認です。

暫く米国暮らしだったため、ふるさと納税参戦は2019年からという遅咲きな私。最初の2年間は「地元北海道を応援」というテーマで食材中心にポチってましたが、2021年は家計を下支えという視点で切り直します。

つまり、

■ ふるさと(地元)の支援となること

は大前提として、以下の2つの視点を追加。

■ 日用品や基本食材で家計支出を助けること
■ 楽天で更にポイント回収もしちゃうこと

最後の楽天・・というやつは、たまたま2019年に最初にふるさと納税を利用した際、地元自治体のふるさと返礼品がふるさとチョイス経由でしか買えなかったので、ふるさとチョイスで始めたんですね。これを2021年から楽天のふるさと納税に乗り換えることにしました。少しだけですがポイントを回収出来るんで。

第一弾として、コメとトイレットペーパーを購入。

美唄市からはコメ、ゆめぴりかが5キロ届きました。

赤平市からトイレットペーパーが72ロール。

この他に普段使いのタオルを買ったのですが北海道の魅力的なタオル産地が見つからずこれは大阪の貝塚市から(ゴメン!)。あくまで最初に探すのは北海道、ということで運用します。

楽天ポイントも330ポイント回収出来ました。(還元率1%)

これ以外の定番の日用品消費といえばなんでしょう。キッチンペパーとかかな。(届く量が多めなんで場所を取るのが少し難点)そろそろ災害対策用の備蓄の見直しを、二年経つので行うつもりですが、ここでもふるさと納税を活用出来ればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です