リブアイでテキサスを懐かしむ

日本帰国以来、出来るだけ国産牛を応援する立場に回っておりますが、時々噛み締めたくなるのが脂の少ない米国の赤身肉。

久しぶりのリブアイ18オンス。グラムだと510グラム。

今回は4人家族で1枚ですが、米国ではリブアイやサーロインを大人の人数分の枚数を気軽に買っていたなぁ・・と思い出しました。先に開けておいた赤ワインを味見しながら肉焼き上げ。

テキサスの裏庭BBQの代わりとなるのが、東京の極小ベランダ、それもエアコンの室外機上。

(まぁ、なんとかなるものです)

チャコールでじっくりと焼き上げた味わいにはかないませんが、久しぶりの厚みのある赤身肉に家族大喜び。リブアイといえば脂のある部位ですけど日本のサシが入った肉牛とはやはり大違い。

塩胡椒しただけのステーキ肉を頬張り、赤ワイン飲んで、テキサスを懐かしむ。人生の大事な思い出の一ページです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です