帰国大作戦〜いよいよ撤収直前

いよいよ5年間暮らしたヒューストンからも撤収直前。連日の送別的なお誘いを有難く受けながらも仕事や生活の引き継ぎをしつつ、自らの家族の帰国に向けた諸々を。

(夜22時過ぎにGENJIで高カロリーONするのがヒューストン男子の残業メシ)

さて、明日は船便第二便と航空便を搬出するとして・・・それ以外に手配しなくてはいけない事は何か。

電気、ガス、水道は全て電話で解約手続きをしなくてはいけませんでした。カスタマーサービスの自動音声対応でオペレーターに辿り着くまでが面倒なぐらい。米国外へ引越と告げると皆さん割とあっさりと対応してくれます。

AT&Tが少々面倒と聞いていたのですが、こちらも電話で家のインターネットとTV、そして携帯の解約を手配出来ました。ちゃんと自分達が出国する予定の後の日付で。ケーブルの受信機やWIFIルーターは最寄りのFEDEXかUPSでアカウントコードを告げるだけで返送可能。こちらは妻に対応してもらいました。

大家さんとは丁度2ヶ月ほど前に帰国が決まった瞬間からやりとりをしてきましたが、基本は1ヶ月の敷金の戻しを期待しないことで、残念ながら自然に返してしまった裏庭(入居時は数種類のバラや花が咲き誇る小綺麗なガーデン風でした・・)や室内のもろもろの傷んだ部分の現状復帰の原資としてもらうことに。

さて、大事なのが・・・車です。

通勤車だったマツダのセダンMazda 6。見た目がとても気に入り2015年モデルをリースで3年、2017年モデルをリースで2年乗り継いでの計5年。(→米国生活の家計簿〜新車リース)2年間のリース契約満了まで2ヶ月を残してますが、先に返却致しました。

(5年間、無事故で有難う!)

さて、次は家族車ですが、、こちらは売却です、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です