ヒューストンで焼き鳥〜Yakitori Gunsoソフトオープン

ヒューストンに待望の焼き鳥屋さんがオープンした!と聞きつけて週末に家族で駆けつけて参りました。

■ Yakitori Gunso (→公式HP

1/8にソフトオープンの情報は割と早く妻から入ってきたのですが(これまた近所のDaidoの隣にオープンしたばかりの美容室から)ようやくの参戦。17時半開店と知って18時前に到着したところ既に先客多数でギリギリの入店。

(店内はなかなかの広さで明るめ)

おぉぉ、串焼きの値段が1本1.5ドルあたりという良心的値段設定。うどんやカレーなどもあって期待が高まります。手元の注文用紙に欲しい数量を埋めてオーダー。

アルコールはリカーライセンスが取得出来てから(グランドオープンしてから)・・の提供のようなので本日のところは同じモール内に歩いて買い出しに。(ベルエアで慣れている動きです)

さぁ・・・食べるゾォォ!!!

・・・ん・・・・んん・・・・んんんん。何やら料理が出てくるスピードが遅い、遅い、遅い。。。(パパ、おなかすいたーーという娘達の悲鳴)

視界に見える限りにおいて、サービスの方がお二人、そして奥のキッチンで忙しく立ち働くオーナーさんと思しき方がお一人。さすがにその人数では満席のこのお店に対し少ないのでは。。。

でも、じっと待っていたら・・・

(美味しい串焼きが出てきました)

(カレーもカレーうどんも美味!!)

のちほど挨拶に出てこられたオーナーシェフ(ご主人と呼ぶべきか・・)の方に伺うと、昨日まで快調に回っていたそうですが、急に本日従業員が辞めてしまった(ばっくれ・・)のだとか。(おそらくキッチン担当)・・それですぐ出るはずのサラダなどの事前の仕込みも不十分で全体に回らなくなったのね。。。

従業員を新しく雇ってのトレーニングなんかを含めてのソフトオープン期間。待望の焼き鳥屋さんなので温かく立ち上がりを見守りたいと思います。(そして、定期的に通ってお金を落とさなくては!)

再訪確定。

「ヒューストンで焼き鳥〜Yakitori Gunsoソフトオープン」への4件のフィードバック

  1. Gunso行かれたんですね!
    リーズナブルなのに本格的な焼き鳥を提供してくれると聞いており、またラムチョップもあるようなので次回渡米時には必ず訪れたいと思っています。

    年末年始はヒューストンで過ごしていたのですが、一般的な観光地も行きつくし、今回はhiroponさんのblogを参考にあちこち探検して参りました。
    東北人(車窓観光)→ベルエアレストランモール(徒歩観光)→小肥羊で火鍋→ビアードパパでシュークリーム、とアメリカに行ったつもりが漢字だらけの街でほぼ過ごしました。
    ベルエアのモールは小さなお店が沢山あるので、徒歩であちこち見て回れるのが楽しいですね。

    ガルフストリームも拝読いたしました。
    羊の丸焼きを喰らう会、機会があれば是非参加させて頂きたい!と思っております。(年に2~3回しか渡米出来ないのが問題ですが。。。)

    1. Mlさん、いつも本ブログでは貴重なコメントを頂き有難うございます。東北人や小肥羊、そしてビアードパパとは完全にヒューストンで暮らしている私達と同じような動きですね(笑)。確かに年2〜3回の頻度とはいえ、いわゆる観光的な場所がたくさんある訳ではないので、目新しさがなくなるかもしれませんね。ガルフストリームへの投稿も読んで頂いたようで、、お恥ずかしい限りです。次回の来ヒューストン時にお時間に余裕があるようでしたら、是非食事でもご一緒させて下さい。hiropon

      1. 嬉しいお申し出ありがとうございます!
        こちらこそ、是非是非よろしくお願い致します。
        私は7月のQueenヒューストン公演参戦を画策しておりまして、次回の訪問はその時期になるかと思います。
        ご都合が合うようであれば、道産子会?羊らばーの会?の開催が出来るのを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。