この10年ぐらいの略年表

この年末年始より、2016年の人生戦略をじっくり考えています。
できれば米国生活、残り3年間の中期戦略とセットで。

そのためにも2015年を・・ん、まてよと思い、過去の10年間=30代をまとめて振り返っております。この10年ぐらいの略年表です。

過去ブログから各年の振り返り(年末最終の恒例のできたこと確認)を抜き出し転載してみました。並べて俯瞰することで見えてくるものがある気がします。(詳細はリンク先)

2005年にできたこと(30歳)
TOEIC再開、簿記3級合格、75キロ&15.5%

2006年にできたこと(31歳)
TOEIC継続、100冊、30-34カ国目

2007年にできたこと(32歳)
TOEIC940、簿記2級合格、150冊

2008年にできたこと(33歳)
BATIC707、200冊、35-36カ国目、1日1万歩、競技ダンス再開

2009年にできたこと(34歳)
競技ダンス本気、197冊、37-38カ国目、不動産投資開始、76キロ前後

2010年にできたこと(35歳)
結婚〜ダンス引退、200冊、グロービスMMP、39-40カ国目、82キロ

2011年にできたこと(36歳)
5月次女誕生、206冊、ビジネス実務法務3級・2級合格

2012年にできたこと(37歳)
10キロマラソン、170冊、グロービスEMP、月1勉強会開始

2013年にできたこと(38歳)
利き酒師合格、156冊、リーダー養成塾、夕学50講、ピーク82キロ

2014年にできたこと(39歳)
4月米国赴任、6月次女誕生、41カ国目、108冊、ピーク83キロ

2015年にできたこと(40歳)
200冊、CPA勉強開始、42カ国目、ピーク84キロ

 

20代の後半にドイツで2年、それからベトナムへ1年弱流れ、2005年6月に日本帰国。9年を日本で過ごし、2014年4月より米国赴任。

日本での10年間は趣味のダンス再開という試みもありましたが、最大の成果は妻と出会い結婚し、娘を2人授かり家族を作ることが出来たという点に尽きる気がします。(そこからが大変ですが)

ビジネスマンとしての基礎固めやマインドセットにも取りくんだつもりではいましたが十分とは言えず、本当に成果を求めていくのはこの40代が正念場という気がします。

人間関係(家族、友人)、健康、仕事、お金、それぞれの領域のビジョンを意識し、その上位概念となる自らのミッションというものを考えているのですが、これがなかなかしっくりときません。走りながら何度でも上書きしていこうと今は考えています。

ということで個別の戦略立案に向かう前の頭の整理としての振り返り。未来の自分への回答は、常に既に過去の自分にあると信じて。(昨年後半よりコーチングをお願いしている小松さんの言葉の受け売りです。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です