ヒューストンでステーキ〜Steak 48

ヒューストンでの僕のステーキ私的ランキングTOP3に割って入る新しい店が登場!(単に僕が知らなかっただけで以前から有名だったようですが・・)

(これがHOU 48とかだと面白いのですが)

■ Steak 48 (→公式HP

立地的にはギャレリア地区、我が家族も2週間ほど避難生活をすぐ近所で送っていたのですが、この店には気がつかなかったなぁ。(気がついても行けなかったが・・)

全米にはヒューストンとシカゴに二店舗あるようです。

着飾った小金持ち風な客がバンバンやってきます。普段郊外で生活していることを実感する瞬間。

店内(1階)はこじゃれているものの割と騒々しくかなり若者向け。しかしステーキどころかどのメニューも外れなし・・との事前の噂。はたして味は!?

初めてナプキンを白にするか、黒にするかと聞かれ、一瞬理解できず。そうか、、服装とのコーディーネートという観点か・・・

(スキレットで焼かれた熱々のパンがオシャレ)

(前菜のシュリンプとガーリックトースト、シーザーサラダなんかも盛り付けがオシャレ、とにかく色々とオシャレ)

普段から外食時にメニューを熟読するはらぺこボーイとしては、どこに行っても同じようなメニューが多いステーキハウスの中で、ちょっと気になる一品、サイドがあるというだけで高得点。

・・・はい!肝心のメインのお肉が手ぶれというこの不始末。これじゃ分からないかと思いますが、初の和牛トマホーク。40oz超ですが、3人で分けてちょうど良い分量でした。

(いい焼き加減だ・・・)

周囲の通常のリブアイやサーロイン、フィレもどれも美味しそうな焼き上がりだったので是非再訪してそちらも試してみたいところです。

(追加画像:2018年8月に食べた骨つきリブアイ20oz)

(シーフードも相当ピカピカで美味しそう)

デザートには揚げたてドーナツがなる銀の木、というなんともメルヘンな、そして収納に困りそうな一品が登場。

あれはなんだろう・・?と食い入るように凝視めていた僕らの心を察してのウェイターさんの粋な計らい。(値段も取られませんでした、、チップは弾みましたが)

お値段含め、ヒューストンでは普段味わっていない、とっても上等な夜でした。今度は妻にも潜入してもらって感想を聞いてみたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。