バンカーで大叩き

単身合宿中はゴルフ練習に打ち込む絶好の時期ですが、いかんせん連日の猛暑。

どうも灼熱のヒューストンでの土日の連続ラウンドはインドア出身の自分にはキツイので、週1回のラウンドを目標に。それでも贅沢な話です。(もう1日は朝か晩のジョギングで運動したことに)

ここまで4回のラウンドに参戦(うち1回は雨でハーフ終了)、結果はやや低調気味。あと2〜3回の単身中ラウンドで何とか100を切るコツを掴んで今年の後半戦に繋ぎたいものです。

■ 105→49(ハーフ)→102→112

それにしても直近の112。なんと前半終わって最近では見た記憶のない64。深目のバンカーに3回落ち、合計10打は脱出に費やしました。軽い砂をうまく打てず、2打ほど顎に捕らえられ、3打目で大ホームランの池ポチャとか・・まさに精神力が試されるバンカーで大叩き。

幸い後半はムードを切り替えることが出来て48、合計112で何とか恐怖の120オーバーは避けられましたが、110以上はもう絶対に叩かない・・との先日の誓いはあっさり崩れ落ちました。

ドライバーがそれなりに安定してきたなど幾つか好材料はあるので、課題の100ヤード以下、50ヤード前後、30ヤード前後のアプローチ精度をあげて次の結果につなげたいと思います。

とにかくバンカーに入ったら脱出することが最優先。うまく寄せてやろうなんて欲をかくから手打ちになります。そして、それ以前にバンカーの近くには寄り付かない。なにやら人付き合い、人間関係にも通じる部分がある気がします。

■ 米国通算ラウンド84回、ベスト91、平均108.57

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です