師走の読書

通勤や出張など、移動時のお供に。

このムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれ/三笠書房
¥1,260
Amazon.co.jp
35歳からの「脱・頑張(がんば)り」仕事術 (PHPビジネス新書)/PHP研究所
¥861
Amazon.co.jp

なんとなく脱力系のタイトル買いを。勿論、著者の方々の他著作の幾つかは既に既読で、お二人ともモーレツに仕事していると思うけど。

自分の限られた力をどこに目標を定めて、どうやって的確に発揮するか。無尽蔵に力があるはずなどないですからね。

新宿遊牧民 (講談社文庫)/講談社
¥730
Amazon.co.jp

脱力系といえば、久しぶりのシーナさん。そしてシーナさんの周りの方々。いっとき貪るように著作をまとめ読みさせて頂いておりましたが、最近ご無沙汰でした。

またちょっとシーナワールドにつかってみようかしら。

ロスジェネの逆襲/ダイヤモンド社
¥1,575
Amazon.co.jp

半沢直樹に再会。 (俺たちバブル入行組シリーズの主人公です)あいかわらず惚れ惚れするほどの男前な暴れん坊。

自分も就職氷河期に社会に出てバブル世代の管理職にこきつかわれるロスジェネ世代。頭取の半沢への賞賛は、自分自身も意識したいなと強く思いました。

「どんな場所であっても、また大銀行の看板を失っても輝く人こそ本物だ。真に優秀な人材とはそういうものなんじゃないのか。」

しっかし、企業小説を読んで共感できるようになるとは、すっかりオジサンだ。

■ 165冊 (2012年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です