最近の小説三昧

ここ3ヶ月は、ビジネス書はグロービスのセッションに関わるものを中心に最低限。1月後半は小説を読みふけっていました。

ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)/垣根 涼介
¥720
Amazon.co.jp

ワイルド・ソウル〈下〉 (幻冬舎文庫)/垣根 涼介

¥720
Amazon.co.jp

ヒートアイランド (文春文庫)/垣根 涼介

¥710
Amazon.co.jp
ギャングスター・レッスン―ヒートアイランド〈2〉 (文春文庫)/垣根 涼介
¥650
Amazon.co.jp

君達に明日はないシリーズは読んでいた垣根さんですが、この作品達を読み逃していたとは不覚!特にワイルド・ソウルはエンターテイメントとしても極上ながら、南米移民政策について考えるきっかけに。今まで全く知らなかったことに意識が向くのも読書の効果。

ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)/真山 仁
¥680
Amazon.co.jp
ベイジン〈下〉 (幻冬舎文庫)/真山 仁
¥680
Amazon.co.jp
マグマ (角川文庫)/真山 仁
¥700
Amazon.co.jp

この三冊でぐぐっと原発と地熱発電への理解が深まりました。ベイジンは2008年の作品ですが、ある意味フクシマを既に予言していた内容に寒気が。

■ 025冊 (2012年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。