病床でも濫読

2008年はラスト20冊ぐらいがバタバタになってしまったので・・・

本年も継続の一万冊プロジェクトは、静かにスーーーッとクリアしてくイメージで。

☆☆☆☆★

待望のIWGPシリーズ8作目。

表題では、日雇い仕事で日々を食いつなぐフリーター、ワンコールワーカーの若者にスポットが。

冗談じゃなく、足を思いっきり伸ばして寝ることが夢だという若者がいるかと思うと切ない気持に。

長時間寝ると、敷き布団が1枚じゃ背中が痛いなぁと不満に思う自分はどんだけ贅沢かと。。

最近の派遣切りやら派遣村やらと併せ考えて・・・今の生活の幸せ度を噛みしめてみました。

☆☆☆☆★

ソマリアの砂漠に遊牧民として生まれた少女が、数奇な運命に導かれ、逆境を乗り越え、

スーパーモデルとして成功をおさめた半生を語る自伝。

彼女が自分自身の傷に正面から立ち向かい、自身の原点である祖国の家族のもとに戻り、

厳しく悲惨な現実の中でも、自然に癒され、まっすぐに立つ姿には感動します。

本文の中の抜粋で、帯に素晴らしい一文がありますので転載。

人はだれでもつまずきながら人生を送る。

とりわけ私の人生は、靴も履かずに荒れ地を駆けてきたようなものだ。

けれどその道に悔いはない。

大変なこともあり、すばらしいこともあった。

そのすべてが得難い経験であり、すべてが起こるべくして起こったのだ。

(ワリス・ディリー)

自分が彼女の立場であったら・・・と考えただけで眠れなくなりました。。(高熱のせい?)

とても強くまっすぐな女性です。

表紙にだまされてはいけません。

相当しっかりした統計学の入門書です、最後の方はついていけませんでしたとさ。

「検定統計量の値が棄却域に入っていたならば・・」とかって、もうわからないですよね!?

「日経アソシエ」の連載(各界の第一人者に羽根さんがインタビューする形式)が好きで購入。

自分の心のカマドで熾きている火にくべる薪にはなったけど、特筆すべきは何だろう。

「限界乗り越え貯金のススメ」とかは笑える。

1日に1度でいいから、自分でもう限界だと思う事を行う。そしてその限界を超えるってあなた。。

学生時代、サイド強化や8スロ、ボックスワルツで貯めた貯金も完全に使い果たしたし、

新たに限界を乗り越える貯金を開始する時期にきたかもではありますが。

★★★★★

携帯小説として人気らしいんですが・・全くもって何じゃこりゃ、、です。

1,200円をドブに落とした感じです。(例えがふるっ!!)

12/200冊

 

「病床でも濫読」への2件のフィードバック

  1. 病処でも読書は健在!
    病のほうは大丈夫でしょうか?
    めさんがいるから安心ですね!
    まだまだ寒いですし、お体お大事に!
    アルコール消毒もほどほどに?

  2. おかげさまで体調も回復してアルコール消毒の日々が戻って参りました(それもまずいか)。2009年も読みますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です