恐れず嘆かず

深夜2時、僕の心に欠けていた納得のピースがカチリとはまりました。

捨てる事を恐れてはいけない。捨てられた事も嘆き続ける必要はない。どうしても人は過去にしがみつきがち。

時には今まで築いたものを崩すから、新たな創造が生まれるのであって、起きたことは正しい、と思い続けることができるか。

どんな理由にせよ、スペースが空いたからこそ、新しいものが入ることができるのだ、と。

何だか意味不明でしょうが、せっかく思ったことなのでブログにも残しときます。鬱になるタイプではないですが、結構こだわるタイプなのかもなぁ。

2009年はメンタルにも関心を払いたいと思っています。自分自身にも、周囲にも。

確かに以前の連れはかるくウツになった訳ですが、全く役に立たなかったな・・自分。。

聞くのも苦手、しゃべるだけから卒業しないと。

21/200冊

 

「恐れず嘆かず」への2件のフィードバック

  1. ありがとう。みずさんとは話ができそうなテーマかなぁと思います。ちょっとした経験から、ひょっとして世の中の仕組みはこうなっているんじゃないか!?と気づいた(ような気がする)瞬間ってワクワクしますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です