1000円刺し盛り〜実家メシ

先週末の実家帰省、恒例の実家メシ記録から。ある意味、北海道食材の実力を感じさせるシリーズ企画に

 

親子でも対角線上のソーシャルディスタンス徹底中。今回は二泊したので晩の実家メシ2回のうちの初回です。

何気ない煮物であるとか、鮭の南蛮漬けなどに、さすが年の功を感じます。食べると美味しいとは思いますが、なかなか作る気にはなれない小鉢達。

これで近所のスーパーで購入価格1,000円の刺し盛りですから驚きです。前回あまりに美味しかったのでリピートした北寄貝が500円。あとはニシン!の刺身が300円、甘海老が200円分ほど。

ニシンの刺身は久しぶりだったのですが、小骨を無視してしまえば脂がしっかり乗って旨味たっぷりな見事なお味。鮮度が命でしょうから、地元北海道ならではな青魚です。

実家には料理用以外のアルコールは常備されていないので、都度調達です。今回はビール6缶(もちろんサッポロクラシック)、日本酒の4合瓶を1本、これで2晩を健康的に乗り切りました。

酒の肴候補が充実しすぎる時は、素面な時点でお酒そのものに総量規制をかけるというのは良いアイディアかも。(買い足しにいくのは少し面倒なので)