LAでウニ祭り〜Maruhide Uni Club(丸秀ウニクラブ)

二家族で出かけたカリフォルニア旅行2018も最終コーナー。この日はサンディエゴをそれぞれ出発、15時頃にLA近くのサンタモニカのホテルで再集合しましょう、というプラン。(T家は帰国前のお土産調達へ。我が家は土産もいらないので)

さて・・何がしたいだろうかと考えてみて思いついたのが、プリン体好きの聖地丸秀ウニクラブ再訪。一時期クローズしましたが営業再開したとの噂は聞いておりましたので。(前回訪問は2016年1月→プリン体好きの聖地巡礼

ご機嫌なカリフォルニアの高速を北上して2時間ほどで到着。

■ 丸秀ウニクラブ(→公式HP

日曜と月曜はお休み、天候により生ウニの入荷が無い時もあるようなので事前に電話で確認するのが確実なようです。

(店内空いてました、そういえば値上げしたという話も)

確かにメニュー見る限りウニ丼系は良いお値段祭りではありましたが、こちら1年分のウニ補給の覚悟ですので構わずオーダー。

すっごーーーーい!

ウニ海鮮丼的なものを3つと、ウニクリームパスタをオーダー。(そんなに頼むの?と妻が疑わしい視線を投げかける)

娘よ、これがウニ丼だ。

長女にとってはこれがおそらく公式の生ウニデビュー。どんな反応があるかを緊張して見守りましたが「甘くて美味しい!」と。さすがサンタバーバラ産の生ウニ様です。

年甲斐もなく、いや・・いつもの通り興奮する父。

次女はいつものようにご存知のサーモン刺身を美味しそうに食べてました。(まだ君がデビューするのは早い)

(妻もこのウニの美味しさには笑顔)

(別ルートのT家にも味わって欲しくて生ウニ舟盛りを購入、自宅用に雲丹酒盗も・・)

家族4人のランチで、お土産も買ったとはいえ〆て250ドルとは大盤振る舞いではありますが、なかなか同じレベルのウニをこれだけ食べるのは簡単ではないのでは?(チリが凄いらしいですが)

長女のウニデビューと併せまして、また家族の歴史に嬉しい1ページが増えました。今日はプリン体記念日。(おおげさ)

2018年8月の読書ログ

カリフォルニア旅行の振り返りが予想以上に長引いてますが(色々と盛りだくさんだったので)、8月の読書ログを間に記録。

とりあえず数年前に作っただけでさわっていなかったTwitterアカウントをチェック(まだアクションに移してません)。

AIに使われる人間にはなりたくないよなぁ・・と思いつつ読んでしまうビジョナリーなお二人の未来予想図。

編集者と経営者(起業家)、二つの異なる顔を持つ見城さんの魅力に迫る一冊。

AI導入の手前で使いこなしたいのがRPA。このあたりは仕事のための読書(学び)のようでいて、自分自身のサバイバルにも繋がる気がします。

最近大いにお気に入りの三浦しおんさんは新刊でも継続パトロール。(→感想はこちらに

新加入の垣谷美雨さんは未読文庫を見つけパトロール。

奥田英朗さんを久しぶりにパトロール、いいわぁ。(→追っかけ開始=祭りが起きたのは2014年

辻村深月さんをパトロール、これもいいわぁ。(→2015年には僕の中ではレギュラー入りしている様子

上の数冊を買っていたらアマゾンで芋づる買い。

日経でコラムを連載されている縁で初読みの荻原浩さん。ミーハーなので直木賞受賞作品も次は読んでみます。

人生を賭けゲームに没頭したことなどありませんが、それでもゲーマーの端くれとしては読んでみる価値のある一冊。

真似れるところから。まずは朝食は納豆卵ごはんに固定から。

ちょっとパトロール地区の再定義(どの著者を追いかけているかの再確認)が必要な気がしてきたので近日棚卸し予定です。

■ 112冊(2018年)

サンディエゴでタパス〜Costa Brava

サンディエゴでYelp調べで飛び込んだタパスバーがとってもご機嫌でしたので備忘録メモ。

■ Costa Brava(→公式HP

子連れだったこともあり中華にでも行こうかとYelpを眺めていたのですが、掲載されていたタパスの画像達がとっても美味しそうだったので思わず私的決定。事前に電話で混み具合を伺い、子連れでも大丈夫か打診するとWelcome!とのこと。

奥の座席は生演奏もありもう少しフォーマルな雰囲気だったのでテラス席のカジュアルな場所に子連れで陣取りました。

(メニューいっぱいのタパスメニューに喜びいさんでオーダー)

(出てくる、出てくる!タパスの山)

まったくもってスペイン料理の前菜、タパスと呼ばれる小皿料理は居酒屋文化の日本人との相性抜群だと思います。あったかいもの、冷たいもの、色々な味を楽しみながら飲めますし。

(カラマーリこと烏賊さんは結構あちこちで食べる機会がありますが・・タコってスペインかギリシャ料理屋でしか出てこない気がします。あとはたこ焼き。)

調理に時間がかかるので早いタイミングで予め頼んでおくパエリア様。結局、タパスからパエリアにワープしてしまい、メインが全然食べられない・・という展開を、タパスが充実したお店ではいつも繰り返してしまう気がします。

(サングリアでご機嫌な女子お二人)

(別腹アラモード)

本場スペインのバルにこうして皆で出かける機会なんかがあったら楽しいよね・・という話をしつつ、妻と娘二人とスペインの地方巡りなんてのも悪くないよなぁと併せて夢想。うん、なんとなく、いつかは実現しそうな気がします。(想像出来ないことは実現しない。想像出来ることは実現可能)

サンディエゴでシーワールド

サンディエゴ2日目、朝から二家族で向かったのはシーワールド。我が家もテキサス州サンアントニオ訪問時には足を伸ばさなかったので初シーワールド@米国。

公式HPで平日の一日券が定価89.99ドルのところを55ドルで売っているのでMUST事前バイです(休日でも69.99ドル)。

駐車場から入り口までが驚くほどの広さ。入場早々に定番の触れ合いコーナーがあったりして期待が高まります。あまり動かないサメの仲間を指で移動させたらお姉さんに注意されました。

やはり皆で盛り上がるのは定番イルカショー。品川水族館の訓練レベルが如何にハイレベルかをサンディエゴで感じたりする部分も。。

個人的にはエイへの餌やりが好き。あの裏側の口でズズッと餌を吸い込む感じが。

最近、マニアックなサメ本を読んだばかりなのでシャーク満載の海中トンネルも楽しかったり。

そして本日のハイライトはやはり人気ナンバーワンのシャチショー鑑賞。それにしてもシャチの英名がキラーホエールとはちょっとあんまりな名付け。種名のオルカの方がまだ穏やかな気が。

素晴らしい会場に辿り着くと既に数匹の巨大なシャチが水槽を悠々と泳いでおりました。先に会場についたはずの妻子達を夫二人で探すと・・いたいた・・え?

びっしょびしょになっておりました。

聞けば、空いている席を探し前の方に座ったところ、最初のシャチのご挨拶ですっかり全員で頭から水を被ったとか。お約束なので、携帯や財布等を全て預け一番前の席で自分も鑑賞してきました。砂かぶりならぬ完全に水かぶりな席で巨体を間接的に実感。(凄い質量の水が観客席に・・)

武器をもった人間をのぞけば海洋で食物連鎖の頂点にたつ最強の獰猛で貪欲なハンター。美しい泳ぎ姿に興奮してしまいました。しかし、海中でこの大きさの巨体が近づいてきたとしたら、その恐怖はそこらのサメの比じゃないのでは・・。(いくらシャチが通常は人間を捕食対象としないと分かっていても・・)

シャチの勇姿を間近におさめ大満足なシーワールド訪問となりました。子供達は遊園地的な遊具でも十分楽しんでおりましたが、流石にAD=After Disneyland、一時的にディズニーロスの自分には全く響かず。(比べるのは良くないですが・・)

サンディエゴでお寿司〜SUSHI OTA

サンディエゴ初日の晩御飯はお寿司!

日本から遊びに来たT家とわざわざお寿司?とも思いましたが、Mちゃんが友人からここのウニは美味しかったよー!と聞いて予定に入れた人気店。

(2ヶ月ほど前にしっかり予約を入れました)

■ SUSHI OTA(→公式HP

17時半についてみると早くも開店を待つ予約客の列。せっかくなので日本酒も一緒に飲みたいと思い、ホテルからは当然のUber。

広い店内、カウンター側とテーブル席側に分かれており、これなら子連れでもあまり気兼ねせず入店出来ますね。(ちょっと敷居が高くないかと心配しておりました)

早速ですが子供達には安定のツナとサーモン配給。M君はもう中トロの味を覚えたそうで流石。

さすが美味しいものにはずんずん手が伸びるお子様達。大人は居酒屋メニューをあさりながら、まずは噂のウニだけを最初に確保。(そう簡単になくなりはしないと思いますが、念のため)

(大きさも味も立派なウニでした〜!)

なんでもオーナーシェフのOTAさんが地元のウニに魅せられこの地にお店を1990年に開いたのだとか。ウニの握り2つで15ドルと決してお安くはないですが、見事なウニでした。

店内を見回すと日本人客はわずか、殆どが世界各地からの観光客に地元客。寿司文化を広く発信するサンディエゴの人気店である様子が伺えました。(ホテルのコンシェもあそこは予約がないと入れないよ!と心配しておりましたし)

大人には一人一人前の握りセット(TOKUSEN)と・・

少しフージョン巻物系を。

・・頼みすぎでしょ、と皆さんに怒られました。(確かに僕にも多かった・・)わずか3日ぶりの日本食に興奮し判断力が鈍ったようです。(残った握りや巻物などは夜食に・・)

ビールを何杯かと日本酒四合瓶も1本頂き、たべたいだけお寿司を頂き大人100ドル、子供50ドルほど。NYなど色々考え合わせると米国ではリーズナブルなうちに入るかと。(だから人気か)

西海岸での寿司チャージ、ご馳走様でした!