ハロウィン2017

2017年のハロウィン当日はあいにくの雨模様。果たしてこの雨の中でも外出すべきか・・・。

恒例のBAT衣装でまずは撮影。

カメラマンもセルフタイマーで参加。

娘達がおおいに楽しみにしているイベントなので、やはり意を決して出陣を決定。昨年までご一緒出来たO家がいませんので、初めて近所の高級目なゲートコミュニティに行ってみることに。

雨が降りしきる中、傘をさしてのトリックオアトリート。そういや洋傘のことをコウモリ傘と昔の世代の方は呼んでいた気がします。バットマンの我が家も傘をさして娘達のあとをゾロゾロと。

娘達二人が訪れると結構喜んでもらえました。僕が先頭では不審者すぎて撃たれる可能性もありましたので相当距離を確保。

僕の人生に初めてハロウィンが登場したのは割と最近の2011年(→ハロウィン(初)) その翌年の2012年の表参道でのパーティー(→ハロウィン2012)でかぶって以来何回も愛用してきたバットマンのマスクも今回で最後とすることに(ちょっと破れてきた)。

昨年はスーパーマンでしたし(→ハロウィン2016)、来年はDCコミックスの中のヒーローから新しく候補を選びたいと思います。妻と娘達はやっぱりワンダーウーマンですね(今年もチラホラ見かけましたが完成度は低め)。

アクアマンはちょっといやなので、フラッシュかなぁ。今月後半には映画ジャスティス・リーグも封切られるからなぁ・・・そんなことを夢想しながら雨の中をあちこちへ。娘達が何とか今年もハロウィンを満喫できて、よかった、よかった。

僕はカッパがわりのバットマントで軽傷ですみましたが、帰宅すると妻はすっかりびしょびしょに。お疲れ様でした。

我が家のトップリーダー

先日長女がクラスメイトが見守る中で褒められるという嬉しいサプライズがあったそうな。

夏休みの宿題のひとつで「読んだ本(英語)をリストにして提出する」というものがあって、夏休み最終コーナーでこのタスクに気がついた我が家は妻が慌てて家の中の英語の本(主に絵本系)を掻き集め読書リストを作り、順に長女に読ませてなんとかしのいだのです。

そんなことがあったのも忘れた最近・・・

提出した読破冊数がクラスの中で一番多かったということで、長女がCLASS TOP READERという栄誉ある?賞を頂きました。

突然呼ばれた理由が一瞬分からず、長女はなかなか前に出ることが出来なかったそうですが、その後にジワジワと嬉しくなったようで帰宅後に副賞のネックレスを眺めてはニヤニヤ。

読書習慣が定着していくことのけっかけになればと思います。これは頑張って本を読んだ長女と計画を立て読書を実行させた妻の二人三脚の勝利ですね。

なにも貢献できなかった僕は・・・せめて大人になっても雑多な本(と漫画)を読みふける父の背中だけでも見せようか……

母よ、これが裏庭BBQだ

実母ヒューストン初滞在の2日目、昼間は広大な米国のショッピングモールを散策したり、長男の職場の位置を確認したりなどしたあとに、あちこちで食材を買い込んで帰宅。

我が家のおもてなしの基本メニューの一つとなっている裏庭BBQを披露。

(本日の妻セッティング、秋ですね)

なお我が家の場合BBQらしく外で食べることは皆無で(場所も狭いですし)、基本、僕が一人で外で肉を焼いてきて家の中で皆で食べることを指します。

本日はリブアイ、サーロインを各1枚に、ウィングとズッキーニで量は軽めに。妻が買ってくれた新しい耐熱バットがいい感じ。

妻が用意した季節のパンプキンスープとサラダ。ワインは南オーストラリアの赤。

(塩胡椒はしてますがお好みで柚子胡椒もどうぞ)

ちょっと美味しい肉を買ってきて外で気軽に焼いて食べるというスタイルがいまや当たり前となっていますが、現在の住環境があってこそなんだよなぁと実感します。今のうちに楽しまないと。

北海道の母が初ヒューストン

遠く北海道より母が初ヒューストン訪問。孫娘達にとっては通称「ほっかいどうのおばあちゃん」。

(長旅お疲れ様、よくきた、よくきた)

前回会ったのは今年6月に家族4人で石狩の僕の実家に帰省したとき(→家族4人で初実家帰省 )。  毎年1回は日本で会えていますが、母のほうから米国に来るのは初めて。米国本土までの初の長旅を考えると億劫になる気持ちもわかりますが、今回エイヤーと踏み切って頂きました。

(普段LINE中継でおなじみの我が家も初訪問)

(白い恋人という選択肢が北海道発らしい雰囲気を)

母の往復航空券は私のユナイテッドのマイレージを使ってANA機材を確保。成田での搭乗手続きや米国への入国手続きなどスムーズにこなせるかを少し心配したのですが、全く問題なかったそうで一安心。

長いフライトも退屈せずに過ごせるか心配したのですが、フロリダの学会に参加する日本で学ぶベトナム人女性研究者の方と隣あって会話に花が咲いたそうで、あっという間だったそうな。

来年1月には70歳を迎えますが、引き続きまだまだ矍鑠とした母の姿に接し少しホッとした長男なのでした。

(到着初日からお向かいの友人家族長男の誕生会に連行)

わずか1週間の滞在ですが楽しいものになりますように!

ユナイテッドの奴隷〜シカゴで緊張

先日のシカゴ出張の帰り道、シカゴ発ヒューストン。例によってオーバーブックにより「お客様のご協力」を求める連絡に緊張。

ユナイテッドのシカゴ発といえば先日の空港警察による強制引き摺り下ろし流血→動画拡散→大炎上事件が起きた場所です。(だからこそ再発しないであろうという期待もありながら)

アメリカあるある的な、長蛇の列を完全無視しカウンター係員に向かったおばさんがいたので一喝してみる。もしもし、その横入りはいかんですよ。(おばさん、ムッとした顔しながら列の後ろに)

ヒューストンもCとEの変更はしょっちゅうですが、シカゴも簡単にBとCの搭乗ターミナルの変更をする気がします。わりと歩きます。

(恐竜の化石があるのは好き)

年内残り2ヶ月も、出張で2回、家族旅行(フロリダ)で1回、3回の往復フライトが現時点では確実な予定。

一方で2018年のステータス判定に向けた現時点でのフライトマイル(PQM)の獲得実績は69,000マイル。試算によると、すごーくギリギリなところでプラチナ維持に必要な75,000マイルに到達の見込みです。

もう少し飛んで、あと数千マイルで1K獲得(100,000フライトマイル)となれば、PQMを買いに行くことも選択肢になったかもしれませんが・・今回はやはり見送りとしたいと思います。(KCAさん、アドバイスありがとうございます!)

(久しぶりにラッキーアップグレード)

シカゴ→ヒューストンは国際線と同じ大きい機材なのでビジネス席の数が多くアップグレードの確率が高いと思います。プレミアアップグレードの権利を行使できていないので、そろそろ期限切れとなる前に使わないと、11月の西海岸出張かなぁ。

コンスタントに飛ぶ生活も残すところ年内2ヶ月。年が明ければ次の飛び回る生活がすぐスタートですが、まずは年末に向け元気に飛んでいきたいと思います。