米国でもATM手数料

普段は現金がほぼ必要ではない米国生活。(お金そのものはあちこちでたっぷり必要ですが・・・)

現金を下ろす時は給与口座があるWels Fargo(米国最大規模の商業銀行)のATMで限度額MAXの300ドルをおろすのが通常だったのですが、先日出張先のニューオリンズで手持ちが少なかったので、ホテルのロビーにあったATMマシンで現金を初めて引き出したんです。

すると、そのATMを使用するのに3.50ドルの手数料がアドオンとなり、さらにWels Farcoからは自行以外のATMを使ったという名目で更に2.50ドルが引かれていたことを後ほど口座明細を見て知りました。

なんと合計6ドルの手数料。(さらに引き出し限度額はわずか200ドル)

結局は会食時に現金は必要ではなかったので、まったくの手数料払い損です。こういう無駄なお金の使い方は嫌いなので、普段はキャッシュの手持ち水準を決めて、先手を打って行動したいと改めて思いました。

自分の理想のキャッシュ創出術は・・皆が現金で払おうとするランチやディナーの際に自分がクレジットカードを出してキャッシュは回収、これです。キャッシュが補充でき、さらにクレジットカードでポイントやマイルも溜まる。

とはいえ、オフィシャル、セミオフィシャルな懇親の宴では大概キャッシュを幹事役の若手に支払う選択肢しか与えられないので、ATM利用との併用はかかせません。

2017年はこれ以上の不要なATM使用料を支払わないことを小さな目標としてセット。

NYでステーキ〜Sparks Steak House

肉の話題が続きますが、基本は魚介好きです。サンアントニオに続いては先週のニューヨーク・マンハッタンでのステーキ記録。

(約2年ぶりのSparks Steak House)

本日のゲストの希望でミッドタウンの人気の老舗ステーキハウスSparksに。昨年がなんと50周年。ニューヨークマフィアも昔は通っていたとか。

ドライエイジングビーフが売りなのは他のニューヨークの有名ステーキハウスと一緒ですが、一番人気はプライムサーロインステーキ。ご当地的にはニューヨーク・ストリップ。

(どっさり)

(大きなラムチョップも美味)

(一応、付け合せのサイドも少々)

(そういえばシュリンプやオイスターも1つずつ最初に)

少食が基本の日本人グループですので、とにかくシェア、シェア、シェア・・が基本ですが、隣のテーブルとか観察していると祖父母、親子の3世代が各人で大きな塊のサーロインを食べていたりするので、流石アメリカだわ・・と感心したりします。

個人的にはリブアイ or フィレ、時々ラムチョップ派ですので、いまひとつサーロインとは相性が悪い気がします。あるいは焼き加減が今ひとつだったかも。

舌が肥えてきたのか、本人が肥えてきたのか。

・・訪問済みマンハッタンのステーキハウス私的ランキングを以下の通り更新。・・高名なウォルフギャングにもいずれいってみないと。

<マンハッタンのステーキ屋・私的ランキング>

1位 ベンジャミン
2位 ピータールーガー本店
3位 キーンズ
4位 ピータールーガー支店
5位 キャピタルグリル
6位 ストリップハウス
7位 スパークス     ←今回ココ

 

サンアントニオでステーキ〜Little Rhein

2週間ほど前にテキサス州サンアントニオ出張時に食べたステーキの記録を残すのを忘れてました。(そろそろステーキのまとめ記事も作っていかないと)

少々画像が暗くて分かりづらいですが、アメリカのヴェニスと誰かが呼んでいるらしい観光都市サンアントニオ。リバー・ウォーク(川沿いの遊歩道)がとても爽やか。

そんなリバーウォークを眺める絶景の立地にあるステーキハウスがLittle Rhein Steak House。こういう一店舗しかないようなステーキハウス大好きです。(→公式HP

(なんとキューカンバーマティーニ)

韓国のソジュにキュウリが入った飲み方を思い出しました。キュウリの青臭い香りが意外とマッチするのは同じ。

やっぱり唯一の地元テキサス州からのエントリーとしては気合を見せるために、リブアイ・ボーンイン(骨つきリブアイ)22オンスの一択かな、と。(注:22オンス=623グラム)

骨を抜くと・・500グラムぐらいでしょうか。既に3年弱のテキサス生活により感覚がおかしくなっております。

不思議ですね、ペロリといけました。人間、何事も慣れなんだなと感じます。慣れなくても良いことはあるなとも思いつつ。

肝心のお味の方ですが、ヒューストンでのステーキの3トップと僕が勝手に認定している、Papas Steakhouse、Brenners、Taste of Texas、そしてこれに続きそうなDel Frisco’s、Capital Grilleなどの有名チェーンには少々及ばないかな、という感じです。

ただし屋外で水辺で夕涼みを楽しめるこの季節は格別。そこは加点ありですね。

(最後にアラモ砦を眺めてこの日は就寝)

TEXAN DAY 2017

恒例のTexan Day。

子供達が学校にカウボーイ、カウガール姿で集まるイベントデーです。大人も職場で同じように集まっていたはずですが自分は出張中で街を出ていたので今年は完全に逃しました。

娘達の登校時の服装を妻から出張先に共有してもらい遠隔でTexan Dayを楽しませて頂きました。(昨年の様子は→GO TEXAN DAY

まずは次女。昨年と比べるとずいぶん成長してるのを実感。

そして長女。これまた今年は可愛いカウガールだこと!

我が娘達の成長もさることながら、専属スタイリストである妻の選球眼ならぬ選服眼がまた一段の進化を遂げている気がします。いいもの見つけてきますね、全くもって。

自分自身もテキサス州ヒューストンに暮らした証として、カウボーイ姿の一式は揃えなくてはいかんな・・と思いつつ現在に至ります。手元に揃ったのはカウボーイハットのみ。

いかにもなシャツとジーンズ、そしてバックルとベルト、一番大事なカウボーイブーツ・・・と、そろそろ集めにかかりたいところです。あまりに当地では普通のファッションすぎてコスプレにすらなりません。日本に帰った時にハロウィンの衣装として使えるぐらいかも。。(それ以外の使い道が思いつきません・・普段着?)

(うちのカウガール・・飼われてる牛は自分?)

待望の牛角ヒューストン二店舗目がオープン〜Gyu-Kaku

首を長〜くして待っておりましたヒューストン二店舗目の牛角がソフトオープンしたと聞きつけ先週同僚メンバーで早速様子を見に行ってきました。(ヒューストン住環境調査隊)

まだランチのみのソフトオープンで、夜や週末はやっていない様子。まずは新規採用したスタッフのトレーニングをしながらオペレーションの安定化を図る段階でしょうか。

■ 牛角(Gyu-Kaku) (→Yelp HP

11301 Katy Fwy
Houston, TX 77079

(Midtownの一店舗目と同じメニュー構成)

(かなり広めの店内)

牛角も北米(米国及びカナダ)で40店舗ほど展開しているので、店舗作りのノウハウもかなり蓄積しているのではと想像します。そういえば現在の親会社はコロワイド。コロワイドといえば社員向けの会長のポエム?が最近出回り物議を醸しております。(→広報発表

こちらとしては、ヒューストンに二店舗目をオープンしてくれたことだけで神ですので、何の文句もございません。

ランチメニューの中のSAMURAIセット13ドルを選択、ご飯をSUKIYAKIビビンバにプラス3ドルでアップグレード。

たっぷりな野菜サラダが嬉しい。味噌汁も良い味。

石焼ビビンバ到着・・って、一人分の量が多すぎるわw

肉が到着する前にランチ終了してしまう予感。半分で箸を止めて本隊の到着を待ちました。これが・・来ない。(ちょうど店内も満席となり完全にオペレーションが停滞)

ようやく到着のSAMURAIセットは焼肉が4種類。牛と豚のコンビネーション、どれも流石のクオリティ。スタッフが丁寧に説明していたと思いますが、耳慣れない英語表現だとどうも頭に入ってきません。カルビとかハラミの呼び方になじんでしまっているので。

この様子ではオペレーションが落ち着くまでには今しばらく時間がかかるかもしれませんが、味はMidtownの一店舗目と全く同じ。今後ランチにディナーに大活躍してくれること間違い無し。(毎週行ってしまうかも・・・)

Midtownの店は駐車場が殆どなくて、周辺のやや離れたところに駐車するのですが車上荒らしなどもあり少々物騒なエリアだなと敬遠しておりましたが、この店舗なら家族連れでも安心していけそうです。

くら寿司もとうとうオープンするという話もあり(→ダラスで回転寿司)、確実に日本人にとっても暮らしやすい街へと進化中のヒューストンです。