あれから14年・・2回目

毎年4月30日は2001年に事故で亡くなった父親の命日です。

あれから・・シリーズとして、2011年にアメブロに引越してからも継続中。

→あれから10年

→あれから11年

→あれから12年

やはり1年に1度ぐらい(もう少し高頻度でも)逝った父を偲んでもいいかと。と思ったら、昨年は米国赴任10日目ぐらいで全く振り返り無し。(幻の13年)

・・・すまん、おやじ。

代わりにという訳ではないですが、2015年は昔の上司の出張をきっかけにして、すでに→あれから14年が1月の段階で書かれているし。


(孫1号は元気に育ってますよ)

凄く偶然なのか、やはりこれも必然なのか・・・

ちょうど手にとって読み始めた黒木亮さんのエネルギーという著作(少し前から黒木さんの既刊作品を読み始めました→小説から学ぶ経済)

エネルギー(上)/サウンズグッド カンパニー
冒頭のヨルダンのマリオットホテル、アンマンからイラク首都バグダットへの陸路、そしてバグダット市内のアルラシッドホテルの描写、、、まさに全て2001年のあの出張を鮮明に思い出させる精密な描写で驚きました。ちゃんと命日ぐらい自分のことを思い出せよと父親がこの本を手に取らせたのかしら。(合理主義ですが、そういうこともなくはないと思ってます)


(孫2号も元気に育ってますよ)

いまや父と同じように(遅ればせながらも)2児の父親となったアラフォー。父は丁度この年の頃に札幌から東京に転勤を命じられたんだなぁとか考えます。(長男である僕は既に中2でしたので、まさに一家の大黒柱)

子供の自分から見ればいつでも頼もしい父親でしたが、おやじはおやじなりに会社や家庭、自分の人生での葛藤があったんだろうなぁと今なら想像出来ます。

長男として残る母親と弟の面倒をこれからもみていくのは勿論、
新たに家族になってくれた妻の両親や祖父母、弟を大事していこう。

逝った家族を懐かしみ、残る家族への思いを馳せる。そんな日が長く生きるほど増えていくのかも。

ホルモンと再会@ヒューストン

ヒューストンで気軽に手に入らない食材の一つがホルモン(モツ)。

韓国や中華料理で使われているホルモンはイマイチ臭みが気になる繊細な私。

先日Hマートに買い出しに行った際に見た目麗しい牛ホルモンがございましたので

意を決して買って参りました。


(当然のようにデロローンとした状態ですよ)

何度もよく冷水で洗い中身をキレイにし、熱湯でさっと湯引きして臭みを流し、

食べやすい大きさに切ったうえでタレに漬けて一晩寝かしてみました。

そうしたら彼と再会出来ました。

「てっちゃん・・・会いたかったよ。」

*テッチャンとは牛の大腸を指す韓国語。

また一つヒューストンで新たな食材の世界を開拓してしまいました。

誰かもつ焼き好きな仲間いないかなぁ。

炭火でホルモン焼き・・想像するだけでよだれがわいてきます。

人生で大事なことはすべてLEGOが教えてくれた

・・・というタイトルを考えただけで満足した私。

やたら量産されているこの手のタイトルですがオリジナルは何なんでしょう。

全てはさすがに言いすぎですが、両親がLEGOを与えてくれたことには感謝してます。

このLEGO力の高さを活かす機会がいつなのかは不明ですが。


(気がつけばこんな作品を作るようになった長女)

間違いなく、図画工作→美術素養の早期開発・底上げ効果は勿論のこと、

与えられた条件下で工夫する子供に育つに違いない、と考えています。

(英才教育を目指して→レゴ導入)

(殆どお父さんが遊んでます→レゴ効果)


(少しだけ残ってた通常の大きさのLEGOで遊んでる娘)

通常サイズのLEGOは次女が食べてしまいそうで怖くてしまっているのですが

どこからか見つけてきて遊んでました。


(飛行機・・・結構特徴とらえてますね)

長女はあまり興味をもってくれないかと思っていたので最近のLEGOブームに

ちょっとほくそ笑み気味の父。

でも僕が加わると結局自分が遊んでしまうので、妻の評価はいま百歩。

職業人は社会に出てから二度死ぬのか

いつも更新を楽しみにしているICHIROYAさんのブログ。

和田一郎さんの初著作を読ませて頂きました。(おめでとうございます)

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと/バジリコ
¥1,404
Amazon.co.jp

和田さんの会社員としての18年間を追体験するような不思議な時間を経て

辿り着いたこのキメ台詞。

>>
僕は、思っている。
職業人は、社会に出てから二度死ぬのだと。
一度目は、何ものでもない自分というものを受け入れる過程で。
そして、二度目は40才の声を聞く中年となった頃、やはり自分は何ものにも
なれずに人生を終わるのだということを受け入れる過程で。
今回僕が書いた体験は、一度目の死と再生の物語、そして二度目の死の物語だ。
>>

(引用元のブログはコチラ)

うはー、これにはしびれましたしハラオチしている40歳、社会人18年目。

まさに同じように岐路に立っている気がする自分。

決して会社というゲームからおりた訳でもなく敗れるべくして敗れるつもりもなく

遅まきながら(それこそが問題だが)成熟した組織人目指し精一杯もがき中。


(帰宅するとこんな娘がいるので癒される)

確かに何ものにもなれずに歳を重ね、一兵卒として組織の末端で朽ちていくことは

怖いことだが、もっと恐ろしいのは結局何もしないうちに人生の幕が下りること。

人生をどう生きるのかはやはり自分次第なのだな、としみじみ考える。

父が53歳で亡くなって14年、その歳まであと13年。

以前より父があの頃何を考えていたのかが想像出来る気がします。

■ 85冊 (2015年)

だって好きなんだもん

だって好きなんだもん、プリン体キャンペーン。

今回のNY出張では2回マンハッタンで昼食の機会がありました。

あれ?デジャブ? (いいえ、デブ)

まさかの連日のウニいくら丼@蕎麦鳥人。

(先月の感動をもう一度→道産子の目にも涙)

ウニってプリン体含有量高め、意外にもイクラは全く問題無し。

そして実はウニ以上に危険なのがイカ。(→食品中プリン体含有量)

早速、NYから戻った週末ランチでも高濃度で再現しておきました。

ヤリイカ&ウニ刺し身定食。


(妻が喜んで食べてくれました)

痛風にならないように控えるべきか。

痛風にならないうちに食べておくべきか。

後者を選ぶ自分。