さらばニューヨーク

米国出張も最終夜@ニューヨーク。

同じ本部から駐在している先輩後輩のみなさんと一緒に夕食。

Do, or do not. There is no try.

外地ならではの苦労話や米国生活を皆さんに伺いながら、自分もあらためて海外への気持ちを新たに。

今は目の前で取り組んでいる仕事に全力投球ですが、次のチャンスは是非、、と思います。

Do, or do not. There is no try.

食後にタイムズスクエアまで歩き、世界中から集まっているであろう人々と時間を共有。

この瞬間に間違いなくここは地球の中心の一つなんだろうなと実感。

Do, or do not. There is no try.

(広場を囲む広告画像の中に登場、まるでウォーリーを探せ、です)

Do, or do not. There is no try.

(ニューヨークでニューヨークをする機会には今回は恵まれず。)

日本を離れ、外地に出ると色々と感じること、思うことがあり大変刺激になります。

今回の旅では、ヒューストン空港で靴を磨いてもらったカンボジア人のSONYさんが印象的。

ポルポトの軍事政権が牛耳る国から自由を求めて米国に亡命し苦労して子供達を養ってきた話。

そんな方に、日本は凄い電化製品や車も作れるし、アジアで恵まれた国だと褒められるこそばゆさ。

ほんと、良い国にしたいものです。 (自分に出来る事はわずか少しずつでも)

とりあえず、日々頑張って生きなくてはと思った@ニューヨークなのでした。

まずは東京までのエコノミー13時間の旅を元気に乗り切ることから。

隣の席にどうかファットな人が来ませんように!

マンハッタンちらり

20時からの夕食までに出来た数時間で駆け足マンハッタン探検。

一分一秒もおろそかにせず動きまくり。

Do, or do not. There is no try.

まずは、ワールドトレードセンターにて合掌。

多数の一般市民が働く高層ビルを目標にしてのテロ行為とは正気の沙汰ではないと改めて思う。

Do, or do not. There is no try.

閉館前のアメリカ自然史博物館を駆け抜ける。

幸いに夜になる前だったので化石や動物達は動き出すこともなく。 (ナイト・ミュージアムの舞台)

Do, or do not. There is no try.

うー、時間さえあれば本場でミュージカルが見れたのに・・・と悔しく撮影。

仕事なんでわがままは言えません。

Do, or do not. There is no try.

こうして映像の中だけでなじみのある街を自分が歩くだけでテンション上がります。

でも、さすがに2時間近く歩き続けて疲労、ようやく最終目的地へ。

賑やかなマンハッタンの中でも少し閑静な地域に建つ日系の隠れ家的高級ホテル。

こちらのホテルで、妻のホテル時代の先輩が働いていらっしゃるのでご挨拶に。

Do, or do not. There is no try.

(相変わらずお綺麗なYさん、お元気そうで)

喉がカラカラだったので、こちらのホテルのバーで水分補給。

ジャズの本番前の演奏を聞きながら。

Do, or do not. There is no try.

(サッポロ生とここで会えるとは奇遇)

道産子 in New York です。

ピータールーガー

ニューヨークに行くなら是非ここにいっとけとの社内アドバイス多数。

老舗ステーキハウスのピータルーガー、行かせて頂きました。

Do, or do not. There is no try.

(ブルックリン本店は予約困難だそうですが、2店舗目のこちらはまだチャンスあり?)

店内は地元のお客様と観光客であふれて大盛況。

後輩2人に案内頂き、出張者定番メニューを堪能させて頂きました。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

エイジングビーフという技法で、1ヶ月近く塊肉を熟成させて旨みを増させているのだとか。

赤身肉の味わい深い歯ごたえと喉越しは、脂肪の旨さとはまた別物。

流石に山盛りのデザートには手が伸びず、男3人でモジモジしていると隣席からブーイング。

別腹の女性陣達はモリモリとデザートを食されています。

Do, or do not. There is no try.

自分も彼らと同じぐらいの年次の時にドイツに2年間の駐在をしており、

やっぱり同じように出張者をドイツ料理に案内していたなぁと。

そんなことを考えていると、デュッセルにも久しぶりに足をはこびたいと思ったのでした。

ニューヨークにてドイツを思ふ。

カジノリゾート

2泊目に泊まったのは某田舎町のホテル。

Do, or do not. There is no try.

なんとこのホテルの1階はカジノ!

おじいさんやおばあさんがほのぼのとギャンブルを楽しんでいるリゾートだったのです。

いつかラスベガスに行ってみたいと浅田二郎氏の小説を読んで思っていたのですが、

思わずして、米国カジノデビュー。

Do, or do not. There is no try.

100ドルほど投入してピーク200ドルぐらいになり、最後はゼロになりました。

まぁ、結構長く遊べたから良いか。

日本も公設カジノを導入して、街中のパチンコ屋については順次規制すればよいのに。

朝から開店を待って並んでいる人々の群れをみていると、国の未来が心配になります。

あまり身近にギャンブル環境があるのは良くない。

人の意思は時に弱いものだから。

トマホークの破壊力

米国での1食目から3食目までを、とりあえず記録。
まずは1食目。

Do, or do not. There is no try.

日本からロス経由ヒューストン着。ここに至るまで自宅を出てから20時間、既に時間感覚も失せての21時の夕食。

バッファローウィングやシーザーサラダ、なんか見覚えがあると思ったらフーターズです。明日からの仕事に備えて本日は食事軽めに、でもビールジョッキ3杯。

Do, or do not. There is no try.

ミニバーガーの牛肉がしっかりとした味で美味しくて期待感高まります。続いて2食目。

Do, or do not. There is no try.

ホテルでの朝食ビュッフェ。

このラインナップで20ドルはどうかと思うが、やはりホテル物価です。卵料理は自由にオーダーできたのですが、コック氏が皆に「美味しかったか!?」と聞いており、皆さんが「とっても元気が出たわ!」とか「いい朝になった」とか応えていたのが印象的。

自分にはオーバーと思えるほどの挨拶や握手、知らない人同士が声かけあう姿。それだけアウンの呼吸などは存在せず、異なる人種、民族が集まっていることの表れなのかと納得。

そして、2日目の夕食で初めてのしっかりとした食事。3食目。

Do, or do not. There is no try.

メインは勿論ステーキを。ニューヨークストリップ、これで400グラムぐらいです。既にわたくし先日シンガポールで練習してきましたので(→シンガポールでニューヨーク)、楽勝。

今回ご一緒した後輩F君に、このレストラン最強と思われるステーキをオーダー。初めてのアメリカなら、これぐらい食べて伝説残さないとね。(無責任な先輩達)

Do, or do not. There is no try.

(ドイツのアイスバインを彷彿させる骨付き肉、はじめ人間ギャートルズ的な)

Do, or do not. There is no try.

その名もトマホーク。 (確かに柄付きの斧にも見える・・・)驚きの40オンス・・・ざっと1,130グラムです!

結果は・・・アメリカの大きさに彼は木っ端微塵となっておりました、いいところまではいったのですが。さすが新大陸。。。