値差社会

羽田空港発の夜行便にて到着した今回のシンガポール。

出発前の昼間の仕事時間を有効に使えますが、やはり到着日の睡眠不足は避けられません。

ホテルでジムのシャワーを借りて、まずは軽く朝御飯。

いかにも東南アジア的な定食屋さんをホテルの近所に発見して突撃、指さしオーダー。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

■ 3ドルのぶっかけ飯

シンガポールドルはだいたい63円ですので、200円ぐらい。

ところがお昼にオフィスそばのイタリアンでピザ1枚のランチを食べたら、これが何と30ドルと10倍。

狭い空間の中に様々な所得の人達が混在して暮らしているのを食事からも体感します。

全般に外食は高めですが、欧米をはじめとする駐在員達と地元の人々の所得感覚は随分違う感じ。

Do, or do not. There is no try.

■ 300ドルのホテルはちょっと割高

東京23区ほどの広さに500万人のシンガポール人と、100万人の外国からの労働者を受け入れる国。

シンガポールに来ると、生み出す価値の差が、報酬や待遇の差となることをより強く意識。

日本も勿論最終的にはそうなんですが、変化のスピード感に違いがある気がします。

これは格差とはまた違う。

GO GO シンガポール

2012年初めての海外出張。

気が付けば本当に海外に縁遠い商社マンになってしまいました。。。

海外に出張すればいいというものではないですが、知らずと足が重くなっている可能性もアリ。

新しい国に新しい仕事のために、という開拓精神が欠けているのではないかと省みる必要あるかなと。

行き先は昨年11月以来のシンガポール。

Do, or do not. There is no try.

(マリーナベイサンズの屋上部分がノアの箱舟のように機能する可能性は?)

今回の出張では何か一つでも新しいものに出会えるかしら。

というわけで4日間のシンガポール編スタート。

■ 死ぬまでに海外100カ国訪問プロジェクト (旧・歳の数だけ海外訪問プロジェクトを改題)

備忘録代わりに、2004年にドイツから帰国以降の訪問国は以下。

41カ国目を狙っています。

(2004年7月以降・・つまり30歳からの新規訪問国)

27カ国目・・ベトナム 
28カ国目・・ラオス
29カ国目・・カンボジア
30カ国目・・中国
31カ国目・・メキシコ
32カ国目・・ロシア
33カ国目・・台湾
34カ国目・・カナダ
35カ国目・・フィリピン
36カ国目・・グアム
37カ国目・・マレーシア
38カ国目・・シンガポール ★今回仕事で行くのは2回目
39カ国目・・トルコ
40カ国目・・オーストラリア

ダンスのある週末

この土日は、妻の深いご理解のもとに、すっかりダンス漬けの週末となりました。

2日間、朝っぱらからダンスパーティーのお手伝いに出かけ打ち上げにも参加して夜帰宅。

土曜日お手伝いに行ったのは、パーティーはかれこれ10年ぶりのOダンススクウェア。

就職で上京した15年前、独身寮に一番近いダンス教室だったので出入りさせて頂きました。

Do, or do not. There is no try.

そういえば、入社1年目の時は先生達の着替え時間を作る為にアマチュアデモにも出た気が。

それもパソドブレ!(たまたま、ラテンの若い先生と同じルーティンを学生の時に踊っていたので)

今思うと僕の東京でのダンサーつながりはここが原点となり広がっていたのだなぁとしみじみ。

微力ながらもお役に立ちたく久しぶりに馳せ参じました。

或る生徒さんのコメントで「10年前に先生と出会ってダンスを始めて本当に良かった」とありました。

その先生は10年で日本のチャンピオンになったのですから、滅多にないほど幸せな生徒さんです。

15年前、可愛い高校生だった女の子の生徒は、いまや全日本ラテンチャンピオンのパートナー!

オーナーご夫妻はじめ、懐かしい面々との再会にすっかり楽しい一日へ。

Do, or do not. There is no try.

(可愛いドレス屋さんとも久しぶりに再会、ドレス屋さんを本業にしたのは1ヶ月前だそうです)

日曜は、かれこれこの5年間、毎年夏冬2回お手伝いに行っている某ダンス教室のパーティへ。

こちらは朝が早いのがやや難点ですが、毎回外国人ゲストに会えるのが楽しみ。

過去、ユリア様と一緒に写真におさまったり、ミルコと焼肉食べたり、何かとお得なんです。

Do, or do not. There is no try.

(本日のゲスト、香港に住むロシア人カップル アレキサンダー&イリーナ)

世界のセミファイナリストですが、何と日本に競技で何回も訪れていながらデモは本邦初披露。

気さくな人柄、デモへの真摯な姿勢と気合の入った素晴らしい踊りに圧倒されました。

照明や音楽の打ち合わせから、生い立ちからダンスへの思いなど色々インタビューさせて頂き

すっかり二人のファンになりました。 これからの活躍がとっても楽しみです。

そんな訳で、2日間のパーティーでアマチュアデモ100組のリハーサルと本番、更にプロデモ多数。

時間にして合計20時間近く耳はダンス音楽漬けとなり、立ち続けですっかり足の裏も痛くなりました。

昔は日常だった時間ですが、今や明らかに非日常。

それだけにカラダは疲れたけど、ココロはどこか気分転換となった週末。

先日たてた100の夢のひとつ。

■ 一生社交ダンスとは少しずつ関わる

趣味として少しずつ関わるのが実は難しかったりする社交ダンス。

難しいだけに挑戦しがいのあるテーマです。

ブログ短縮

リアル時間の進行とブログアップの乖離が12日間に。

忙しい週末から海外出張1週間、週末をへて更に国内出張でブログ更新出来ずでした。

Do, or do not. There is no try.

(目黒雅叙園の涼しげなディスプレイ、夏ですね)

ただ流れ流され生きないように日々を少し振り返ったり、不足しがちな脳内メモリー補助に、

そしてアウトプットを意識する事でインプットの精度を上げようとしてのブログ習慣。

好きで書いているので苦痛ではありませんが、更新時間が取れないと気になるのは悪いところかも。

限られた家族との時間や、睡眠時間の優先度は上げつつ、いかに時間確保するか。

そのための試みに、ブログ更新にかかる時間の短縮をもっと意識したいと思います。

■ ブログ1本→15分以内を目標に

最近は「ガイアの夜明け」や「未来世紀ジパング」の録画を見つつのながら書きが多いですが、

もっと落ち着いて思考して、短時間で書く事に集中しても良いかも。

といいつつ、ブータンのことを考えながら(未来世紀ジパング)書いていたら、20分過ぎてしまった。

15分以内に1本書くのは、結構手ごわそう!

年間365本のブログ更新、続けていきます。

金曜だけど土用

子供の頃に食べちゃうと、プラチナと同じ値段だそうです。

ウナギ。 (1キロ300万円近くまで今年は高騰)

Do, or do not. There is no try.

(白焼きに、うな丼も大中小と各種取り揃えました)

本日は土用の丑の日。

年に1度ぐらいは思いっきりウナギを食べたいですね。(妻のお母様の実家からの頂き物、感謝!!)

プラチナと同価格とさすがに困りますけど。

Do, or do not. There is no try.

(糖質制限もこの食事では解禁して、小鉢分だけ炊きたてご飯頂きました)

せっかくなのでウナギに関する情報をネットであちこち読んでいると、

夏のウナギは味がおちており、晩秋から初冬にかけてのほうが美味しいらしい。

・・・また秋にも食べる理由が出来た!

糖質制限2週間目

炭水化物及び糖類と距離を置いてから2週間が過ぎました。

Do, or do not. There is no try.

(脂質がOKなのが、カロリー制限とは大いに異なりますね)

■ 80キロ→78.9キロ(1週目)→78.1キロ(2週目)

わずか2週間でほぼ2キロ減。 (さらに期間中77キロ突入も既に2回)

どうやら炭水化物&糖質をカットすることは、今のところかなり減量に有効に働いている模様。

今回は来週月曜日までスーパー糖質制限を進めた後、出張中の4日間は多少は制限緩和のつもり。

会食が昼夜と続くので、あまり食事を残すのもどうかなと思いまして。(でも、量は少なめにしたい)

このまま週1キロ落ちるペースがどこまで続くのか、もう少し見たくなってきました。

どこかでは壁にぶつかり止るはずなので。

グロービス補習

2012年1~3月の3ヶ月間、毎週1回通ったグロービス。

机をならべた約20人のメンバーで行う補習授業(飲み会)の2回目が開催されました。

Do, or do not. There is no try.

(ちゃんと糖質オフの芋焼酎を飲みました)

第1回の幹事は自分が立候補してやって、2回目は他の方、そして次の10月の幹事にまた立候補?

年齢的には一番下ですし、自分にとって非常に学びがある(可能性がある)メンバーですので喜んで。

コース名はエグゼグティブ・マネジメント・コースで、上場企業のマネジメント、役員クラスの方も参加。

そんな方達と気楽に飲みつつ、同級生のよしみで色々アドバイスなど頂けるのですからありがたいもの。

いかんせん男性率100%なところが日本企業社会の多様性の低さ、弱みでありますが、

まずは自分の手に届く会から粛々と。 (貴重な社外への蜘蛛の糸のひとつなんで)

全体の会も運営しつつ、特に親交を深めたいような方とは個別に飲みに行くのもありかなと。

ビジネス書を読むのも面白いですが、ビジネスマンの生の話がさらに面白かったりもします。

風邪ひきつつ仕事

体調管理はビジネスマンの基本!と普段周囲に唱えつつも、

日曜夜に発熱した虚弱体質な自分。

Do, or do not. There is no try.

(お父さん、有言不実行ですみません)

暑くなったかと思うと寒くなったトリッキーな最近の気温の動きにまんまと翻弄された模様。

ダイエット活動(糖質制限)の負の側面も出たかなぁ。。(どうやっても抵抗力は落ちるでしょうし)

一日中微熱状態で仕事して夜は早めに寝る生活。

月曜日、火曜日、水曜日、と3日間。

診療所の先生からは、来週海外出張したいなら、悪化する前に早く定時帰宅して直せと諭されつつ・・

予定の飲み会などには最低限顔を出し(1次会で帰るという意味)、酒をすすり、お茶を飲み干し過ごす。

具合が悪いからと、何の悩みも無く休む事を決定できた幼少の頃をうらやむ。

嗚呼、ビジネスマン。

娘の散歩

娘が最近散歩好きになりました。

みずから靴をもってきたり、リュックを持ってきてアピールするようになりました。

散歩といってもごく近所ですので「、こんな感じにて。

Do, or do not. There is no try.

(意気揚々と我が家の玄関を出発)

Do, or do not. There is no try.

(なぜか5メートルごとに転ぶ娘)

Do, or do not. There is no try.

(でも青信号では自信満々でウォーク)

サイズがサイズですので200メートルも歩くと燃え尽きるのですが、

テントウムシのリュックを背負って偉そうに歩いている姿を見るだけで親としては萌え尽きます。

歩くのも遅いですが、道行く人に声かけられまくってなかなか前に進まなかったりもします。

幼児って歩くだけで成功体験とは、随分大人とは違いますね。

転んでも転んでも、前に進む娘を見て、親としてというよりは人として、

学ぶところ多いなと感じ入ります。

ほぐしの達人

最近ムサコ駅前にオープンした、本格ほぐし専門店。

「ほぐしの達人」

Do, or do not. There is no try.

驚きなのが、業界最安値挑戦という、60分=2,980円の価格設定。

安かろう悪かろうじゃないのか?という僕の心配をよそに妻が先週潜入体験したところ、問題なしと。

そこで僕も行ってみたところ、確かに◎。

ドリンクはセルフサービスで、指名制も無し、受付も全てほぐしスタッフが交代で対応。

出来る限り間接費用をコスト削減した結果としての戦略的な価格設定ならさすがです。

でも、ひょっとすると働く方も給料も抑えられているとすれば、ちょっと胸が痛くもなります。

デフレは悪だと認識する手前、安ければ良いとは言い難いわけなんですが、

でもやっぱり他と同じ60分=6,000円の値付けじゃ競争できないよねとも。

これは週末に通ってしまいそう。