見た目は怖いけど美味

近所の魚屋さんが「毎度どうも!」って声かけてくれるのが嬉しい。確かにだっこひもで娘ぶらさげているので目立ちますかね。

今日はちょっとかわったもの。

Do, or do not. There is no try.

ちょっと・・・見た目怖い。眼球の釜揚げ・・・・じゃありません。アオリイカの口の部分だけが一パックになって210円。

よく水洗いしてから、さっと塩茹でしたら美味しいくてビールも進みます(胃を思いやりつつ)。妻は見た目で毛嫌いするかなぁと思ったら、横でモリモリ食べてました。

魚を捌いたのだってつい半年前が初めてだというのに、ずいぶん耐久力が上がってきたなぁ。(別に今も積極的に丸の魚や烏賊は買ってないようですが)

どうしても、人気がないから集められて叩き売られているアラやはしっこの食材が気になります。お値打ち感がたまらないのかもしれません。(B級グルメ的な)

単に節約しているだけなら、一本300円の特大さんま、買いませんしね。(ほれぼれする美味しさ)妻がさわらの切り身を西京ミソに漬けてみたのですが、美味しくなるか楽しみです。

そんな地元の魚屋さん通い生活、良いです。

桜宮サーガ

今まで手を出さずに見送ってきた海堂尊ワールド、とうとう開けちゃいました、扉。もう風邪療養の為に寝ているのか、まとまった読書の為に寝ているのか分からない状況に。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)/海堂 尊
¥500
Amazon.co.jp
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)/海堂 尊
¥500
Amazon.co.jp

まさにメディカルエンターテイメントな世界。医龍みたいな筋立てをなんとなく想像していたから驚きました。

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)/海堂 尊
¥500
Amazon.co.jp
ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)/海堂 尊
¥500
Amazon.co.jp

個性際立つ登場人物達が動くしゃべる、本当に小気味よい。

色々と重いテーマもかかげながらも、あくまで軽やかにスピード感ある展開。

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)/海堂 尊
¥500
Amazon.co.jp
ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)/海堂 尊
¥500
Amazon.co.jp

著者は現役のお医者様、それも超速筆だというから、凄い人っているもんなんだなぁと感嘆。小説を書く側にはとてもまわれないとつくづく思います。

ブラックペアン1988/海堂 尊
¥1,680
Amazon.co.jp

そして、伊坂幸太郎作品にも通じるクロスオーバー的な手法。異なる作品間を同じ登場人物達が同じ世界観をもちながら登場してくるという上手さ。

病院がある桜宮市から、桜宮サーガとも呼ばれているそうです。ある意味、どれもこれもシリーズとそのスピンオフみたいなものだから見逃せません。

そんな著者の術中に思い通りはまって、あっという間に7冊読んじゃいました。妻は、「ちっ、またカイドウか・・」と目の敵にしていますが、これはカッパエビセンです。

いやはや。昔、リーマンダンサーズ仲間のF君がナース合コンでもネタに使えると言っていましたが、確かに大学病院の世界ってそんな感じなのかなぁと想像させる緻密な描写。

こうしてみると、警察小説も、病院小説も、銀行小説もみんな同じ匂いがする。人が集まるところに組織があり、組織あるところにはドラマがおきる、という感じで。

続く作品群も既に10冊ほど集めましたが、あまり本ばかり読みふけっているとうちの将軍(ジェネラル)にしばかれそうですので、週末はほどほどに。

■ 175/200冊

イガイタイ

木曜明け方より突然の腹痛。腹痛というより、痛いのはミゾオチという珍しさ。食中毒なども疑ったのですが、どうやら風邪が胃に来たみたいです。(気安く来ないで)

木曜、金曜午前と脂汗を流しながら何とか必要な仕事をやり過ごし週末突入。

Do, or do not. There is no try.

(妻のスペシャル看病ディナー)

普段、健康体なだけに、たまに体調を崩すと健康のありがたみを実感します。胃が痛いと食欲も減退するので、この自分ですら食が進みません。

・・・は! これってダイエットへの神風!!??
なんだか、いいことずくめ。

ママ友紹介?

4月からはじめたらでぃっしゅぼーや順調に続いています。届く食材に大きな不満が無い限り継続しやすいので、宅配ってうまいビジネスモデルですね。今回、こんなチラシが。

Do, or do not. There is no try.

ママ友に「ご試食品」をプレゼント!早速応募する妻ですが・・・それって、君のママじゃないですか。。

なんか本来の趣旨からは違う気がする・・・けど、確かに娘のいるママを紹介はしているけど。。「よく実家で御飯食べているから、いいのよ。」

自分とは全く違う次元で賢かったり、しっかりしていたり、おっちょこちょいだったり、妻といると色々飽きません。

さっきも娘をねかしつけようと黒猫のタンゴの曲で部屋で踊り狂ってましたが・・誰に習ったそのタンゴ??

Do, or do not. There is no try.

ちなみに、妻に、ママやかーたんと呼びかけても返事はしてくれません。「私はあなたのお母さんじゃありません。」だって。

ごもっとも。

決め手は鶏がら

台風直撃の日に流れた会食 のリベンジを、幹事特権で我が家の近所にて。(先日初めて行ったばかりなのにもう3回目の焼き鳥まさ吉に)

Do, or do not. There is no try.

前回は〆はTKG(玉子かけ御飯)だったのですが、本日は中華そばを選択。これがもう絶品。 普段はあまり麺好きではないのですが、スープも最後まで飲み干しました。

どうやらこちらは非常に人気なようで、中華そばねらいのお客様はお断りらしいです。勿論我々は、本日も大ぶりの串を1人10本近く食べてますので、間違いなく平均単価オーバー。

日本酒も各種各地、色々と頂き、ご一緒の皆様も大満足。先輩のKさんには帰りがけに娘の顔を見てもらって(ついでに4合ほど追加で飲んで)盛り沢山なご近所接待の夜となりました。(これ、癖になりそうです)

盛り沢山といえば、アルコールのエンプティカロリーも含めまして、本日夜の会食の摂取カロリーは・・推定 3,000キロカロリー、明日朝の計測がおそろしや・・の事態に。