「No Food No Life !!」カテゴリーアーカイブ

今、この瞬間を生きる〜而今(三重)

以前より美味しいなぁ。。と思っていた三重の人気の日本酒、而今(じこん)。WOWOWの銘酒誕生物語を鑑賞して、ますますファンになりました。

而今の命名に込められた思い。

而今とは仏教用語で「今の一瞬」。過去や未来に囚われることなく、ただ今この一瞬を生きる、という言葉。

マインドフルネスにも通じる精神は、現代社会にも広く受け入れらる力強いメッセージだと思います。過去への後悔、他人への期待、未来への不安、そうしたものに振り回されすぎず、ただただ今の一瞬、本質を見つめようとする姿勢。

飲み過ぎると明日が・・なんて些末なことには思いを迷わせず、ただ今この一瞬に生きていることを噛み締める。そんな日本酒好きの境地を目指して、本日も一杯。

品川駅構内でカレー〜Spice Factory開店

先日、品川駅で乗り換えた際にいつも見かけるカレー屋の雰囲気が変わっていることを発見。ここにはキャンプ?とかいう野菜たっぷりのカレーが売られていたはずですが・・・と足を止める。

スパイス・・

同じカレー枠ですが、お店の方向性が変わっておりました。(というか、違うカレー屋さんになっておりました)

スパイスカレーには目がないので即入店。

基本は3択で、初めてゆえ王道のスパイスチキンカレーを選択。さすがにプロはいい仕事してますね。この風味はなんだろう、、家の基本スパイスにはない感じなんで、カルダモンかな?

トッピングの組み合わせ提案もあって、面白い。

ここ暫く家でスパイスカレーを作っておりませんでしたが週一回はカレーという海軍的なルーティーンを作ってもいいかも。確実に曜日感覚が失われつつあるので。

こちらのカレー屋さん、品川で京急線乗り換え羽田の動きで重宝しそうです。また行こう。

東京アラートと共に生きる

なかなか感染者数の推移も落ち着かず、まさに東京アラート共に生きる、これがwithコロナ時代か・・と感じさせます。

これまで東京都の要請にしっかりと従い、今なお細心の注意と工夫を払って6月から営業再開を決めた馴染みのお店達を、昼に夜に少しずつ応援開始したのが今週。

こことか・・

こことか。

ディスタンスがきいてて、どうやってもお店はスカスカしているので可能な限り客単価を上げるぐらいしか私達も応えようがありません。こうして顔をまた出してくれることが嬉しいと言って頂けますが、こっちもまたお会いできて嬉しいんです!

念のため、キャバクラでもホストクラブでもガールズバーでもありません。生きるために必要な酒場と食堂です。

ローソンのスイーツ求め深夜徘徊

録画していたカンブリア宮殿で、ローソンが新感覚スイーツを次々と打ち出すことでコンビニスイーツブームを牽引してきたということを学んで深夜散歩。

普段の通勤路ではセブンかファミマしかないので、ググってふだん歩かない方向へローソンを求めて徘徊。ちょうど@2千歩でその日は1万歩達成だったので。

今頃ですが、プレミアムロールケーキとバスチーをゲット。

33ヶ月連続増収で絶好調のナチュラルローソンのスムージーも併せ初購入。夜中に摂取は危険すぎるのでまた日を改めて。

それにしても、30年近く前に自分がセブンでバイトしていた時から考えるとコンビニスイーツの進化は驚異的です。あの頃は山崎パンの「まるごとバナナ」が唯一光っていたぐらい。

今週の日本酒(冷蔵庫に四合瓶5本まで習慣)

冷蔵庫には日本酒は四合瓶で5本まで、と決めました。(→四合瓶で5本まで〜利き酒師トレーニング

庫内の最上段、妻が使いづらいところに並べてます。本当は横ではなく縦置きがいいのでしょうが。5本が大体10日ほどで入れ替わるのを酒量の目安にしています。平均して1日2合。

(本日現在の五人衆)

基本、先入先出しで2〜3本空きが出たら西小山のかがた屋で買い足すサイクルが安定してきました。(在宅勤務のおかげ)

半分ぐらいはお馴染み蔵=ブランドのリピート買い、残り半分は新規開拓でいければと思います。お馴染みのブランドでも種類違いが沢山ありますし、そもそも毎年飲みたい訳ですし。

・生成(エクリュ)2019  生酛木桶純米(秋田 新政酒造)
・写楽 純米酒 (福島 宮泉酒造)
・紀土 純米吟醸酒 夏ノ疾風(和歌山 平和酒造)
・義侠 純米原酒(兵庫 山忠本家酒造)
・無想散憂 辛口純米吟醸織がらみ生原酒(新潟 大洋酒造)

種類違い含めて買い続けている紀土、初めての新政ブランド、お久しぶりの写楽に加え、WOWOW銘酒物語で観た義侠、ジャケ買い初めましての無想。

久しぶりの写楽、最高です。このフルーティーな味の広がりとバランスの良さ。2合で止まらん。。