「No Food No Life !!」カテゴリーアーカイブ

築地で寿司

すっごく久しぶりに築地で寿司。

先日の母の上京のタイミングを息子二人で囲んでみました@築地。北海道生まれの田舎者3人でこうして東京で美味しいもの食べる企画、いいかもしれません。

コースで頂いた後は思い思いに追加オーダー。(写真は主に気になったモノたちだけ、なぜかプリン体率高め)

日本酒は飲み過ぎないよう・・弟と各自4合まで。

カウンターの横に並ぶイカした多国籍な若者達は・・へー、グーグルで働いているの(凄いねー)とか歓談しつつ。

(人生最高体重の長男を心配する・・母と弟の図)

こんな楽しい機会があと何回あるかしらとのたまう母に「あと何十回だろ」と息子達から一言。実現しよう。

最近のサラメシ

そういえば・・・→サラメシ連載はじめます!と宣言した割には記録ができておりませんでした。

果たしてランチをのぞけば人生が見えてくる・・・でしょうか?

メンチカツカレーって死角無し。

カツ丼とかけそばの定食は流石に糖質多めか。

流行ってる肉バルのランチ、ボリューミー。

ちょっと贅沢にキンメ煮つけ。

結局、こういうごく普通の定食が好きなのかも。

イワナの刺身、新鮮な青魚はやっぱり最高。

・・うーん、何かが見えてきたか??何も見えてないかなぁ。

同じ店のリピートは苦手。ランチで繰り返し通ってるのは近所では未来食堂の一軒だけ。(→ランチは未来食堂に決めた

ランチすら節制しないと痩せないのかどうか・・は検討課題。

甲類焼酎ボトル

大人になって(すでに中年です)、あれ、こんな大人になるなんて想定していなかったな・・と思うことは幾つかありますが、

2.7リットルサイズの焼酎(それも甲類焼酎)を買って、家で飲むオジサンになるのは想定外だった。

お酒を飲み始めた学生の頃からしたら、このサイズの焼酎って完全に違う世界の人達が常飲しているものだと思っていたもの。

でも今であれば普通にビールやハイボールと同じにレモンサワーとか飲むし、その際に割るのは大手の宝焼酎とかキンミヤ焼酎が定番だし。量が多いほど単価は下がるから、どうせ家で飲むならこのサイズのボトル買うよね。(え?普通じゃない?)

我が家でシークァーサーサワーをセルフで飲みつけたら、あまりのシンプルなうまさに店でサワー飲むのが少々アホらしくなります。

次は最近人気だというキンミヤ焼酎に戻そうかな。90mlのパウチを凍らせて売るのはホント良いアイディアですよね。

おうち焼肉セッティング

2週に1回ぐらいの頻度でおうち焼肉を発動しています。これもイワタニさんがやって来てくれたから。(→部屋とイワタニと私

重要なのが事前の準備(焼肉セッティング)。おそと焼肉と違って途中で追加オーダー(仕入れ)が難しいので、あらかじめ当日の流れを想定し購入する必要があります。(予算と総量の兼ね合い見つつ)

(ある日の仕入れ)

試行錯誤でおうち焼肉のベターなセッティングを研究中です。

牛を主軸に豚や羊、時には鶏も交え構成。その日の予算を3千円から5千円ぐらいの間で設定し、和牛のイチボやザブトンを贅沢に加える一方、解凍の鶏のせせり肉(首肉)を入れてみたり。

(この日のセッティングは見た目でもサシ多めなので和牛多めでした)

牛だけでも、黒毛和牛(さらに地域ごとの銘柄牛も)、和牛(交雑種)、日本以外のアメリカ、カナダ、豪州各地の輸入牛と色々ありますし、部位や切り方によっても様々な味と値付け。

家族の反応みながら、次回のセッティングを考えるのが楽しみです、それも設定した予算の範囲内で(遠足のおやつを300円以内で考えるのと同じ)。たまにはドーンと予算厚めにしたりするのも大人になった醍醐味です。

いくら工房

生いくらって、こんな一般的なものでしたっけ・・・と道産子が驚くほど普通にスーパーの魚売り場に並んでいるので、とうとう手を出してしまいました。

どうせ買うなら大人買いで3,000円で600グラム購入。

ぬるま湯でほぐし、よく膜とか綺麗に取り除いて、さぁ味付けに向けて準備万端。醤油、酒、そして少しみりん。やっぱりここは手作り醤油いくらでしょう。我が家がいくら工房。

ドド〜〜ん。

冷蔵庫で一晩寝かせたところで瓶詰めにし、さぁ、丼飯にこぼれいくらでプリン体祭り。(なぜか食べる気満々すぎて画像記録無し・・・)

やっぱりいくら無双!