「No Food No Life !!」カテゴリーアーカイブ

マンハッタンでトルコ料理〜ALATURKA

先日来、僕の外食辞書に新たに加わったのがトルコ料理という選択肢(ヒューストンでもトルコ料理→故郷の味〜帝国の味)。

先週のNY出張ではトルコ出身NY在住だった同僚を連れていたので、彼女がマンハッタンで一番とお勧めするトルコ料理の店を訪問。

■ ALATURKA(→公式HP

(落ち着いた雰囲気の店内、不思議な楽器での生演奏が素敵)

前菜はMEZEというのですが、冷たいの温かいのおまかせでMEZE色々、タコのグリル、そして肉はファミリープレート的に各種盛り合わせで・・と完全にトルコ料理初心者丸出しのオーダーを。

ビールも勿論トルコで!と言うとEFESというブランドが。この味・・飲んだわ、、自分の新婚旅行で・・(初々しかったあの頃→食いしん坊万歳〜新婚旅行トルコ編

ブログに記録した瞬間に忘れがちなんですが、、ちゃんと、地元NO.1のEFESも悪くない!と書いてありました。ビール大国ドイツからの移動なので少々書きぶりは辛めですね(→ビール党

様々なMEZEという前菜達が!定番のフムス(ひよこ豆のペースト)やナスのディップだけではなく、スパイシーなものや、温かいひき肉系のもの、ヨーグルトなど、初めての味が沢山。

そしてメインの肉が・・・

どどーん!

一瞬、彼女の顔が曇り、こんなに食べれるのかしら、そしていくらになるのかしら・・と不安になったのを見逃しませんでした。大丈夫・・食べるの僕ら得意ですから。(そして食べ放題、飲み放題、払い放題も・・)

何が何やら、口に入れるまでよく分かりませんが、豚がないのだけは確実。牛、鶏、羊、それがひき肉になっているパターン、味付けが違うパターン、様々。(なんとかケバブ軍団)

彼女が目を丸くするぐらい綺麗に完食して食後のコーヒー。

(中身半分ぐらいがコーヒーの粉というか泥)

コーヒーを飲み終わった後にカップをソーサーに押さえてひっくり返して、残ったコーヒー粉の形で占いをしたりするのだという話を彼女に教えてもらいました。女子とかで盛り上がれそう。。(逆におっさんがコーヒー占いを真剣に語っていたら怖い)

料理のプレゼンテーションも味も大満足。気になるお会計もお一人100ドル弱ということで(そこそこワインも飲んで)、マンハッタンとしてはリーズナブルな方。異国情緒が楽しかったです。(既に異国という話は置いといて)

フィラデルフィアに料理の鉄人の店〜MORIMOTO

今週のフィラデルフィアにて、今晩は流石にちょっと美味しいものでも食べたいね・・とYelpを物色。幾つかの日本食レストランの中から$$$$が多い店をチョイスして出てきたのが此方。

なんでしょうか、この近未来な雰囲気の外装は・・・

・・内装はもっと凄かった、完全にSF映画のセットかと。若干男二人で潜入するのを躊躇しました。

■ MORIMOTO(→公式HP

いったいこの店はなんなんだ・・と入店後に慌てて情報収集すると、アイアンシェフ・・の単語が。何!?と日本語でもググると、料理の鉄人、それも三代目和の鉄人、森本正治さんの店!?

・・・すいません、和の鉄人といえば道場六三郎さん、そして跡を継いだ中村孝明さん、しか知りませんでした。1998年2月〜から三代目として登場されていたそうですが、ちょうど就職して上京する時期だから、テレビなんて観てなかったしな。

そう、和の鉄人の店で何を食べるべきか・・・メニューをパッと眺める感じだと創作和食と寿司が主軸。

という訳で初訪店ですので無難に?おまかせの料理&日本酒で身をまかせることに致しました。(イケメンのサービスの兄さんの眼に気合が灯るのを感じました)

鮪トロのタルタル。
これに併せる最初の一杯は福光屋MORIMOTOオリジナル純米大吟醸。福光屋といえば金沢の老舗酒蔵、加賀鳶で有名なところ。

真鯛のカルパッチョ。
雪の茅舎の純米吟醸と。・・確か秋田だったよな、と蔵の所在地を確認したりと、なんだか利き酒師の知識点検的に。真鯛はしっかりと熟成させているのか、とても味わい深い。

お造り三種はヅケ鮪と太刀魚。
合わせるのは七本槍の純米。あしらいがとてもお洒落。

ここで銀鱈西京味噌漬け。
お酒は李白の特別純米にごり。いいなぁ、この展開。。

ここでビックリするぐらいスパイシーなカンパチ炙り。
お酒は菊盛・・だったか、だんだんメモも記憶も怪しい。しかし、このスパイシーな揺さぶりは日本ではちょっとない感じ。フィッシーさを消す為かなぁ。

WAGYUビーフのロースト。
これも酒名不明・・どっしり系の純米だった気がするが、、はて。添えてある緑色のソースがえらく美味。

〆の五貫。
お供するのは再び福光屋MORIMOTOオリジナルの純米吟醸。

はぁ・・幸せ。

量も十分ではあったのですが、ここまで来たので少しだけ細巻きを追加してみました。(少しだけイケメンびびる・・)でも、こちとらテキサスで鍛えているので。。(胃のサイズを戻したい)

(鉄火巻き、ネギトロ、そして梅キュウ)

久しぶりに3日間ほど肉体を酷使する仕事だったので、自分へのご褒美DAYとなりました。この店で妻と二人で食事したい・・でもうちのちびっこ怪獣達連れはさすがに無理か。

最後のパンナコッタもバッチリ。

鉄人、もといアイアンシェフの店の味の冴えに脱帽致しました。お値段そこそこではありますが、オススメです。(NYのステーキ屋さんでワインなど飲んでしまうことと比べればリーズナブル)

マンハッタンで懐石〜SUZUKI NYC

NYCで初めてのレストランウィーク参加!(実際、ヒューストンでも未参加です。。)

NYでは夏と冬の二回、各3週間に渡って多数の参加レストランがお得なプリフィックスメニューを提供するレストランウィークが開催されるそうです。(→公式HP

以前からお勧め!との話は聞いておりましたが、うまいこと出張時期と重なりましたので、KCAさんにご案内頂き出かけて参りました。

鈴木。佐藤でも高橋でもなく鈴木。
NYのど真ん中ともいうべき好立地にある懐石料理のお店へ。

■ SUZUKI NYC(→公式HP

(そんな中で地下に降りていく隠れ家風)

レストランウィークで、ディナー3品のプリフィックスが42ドルと予め聞いていなければ、ちょっと後ずさってしまうような高級感ある佇まいですね。

(店内の内装もオシャレ〜、この暗さは欧米的?)

当初の作戦通り、レストランウィークメニューの3品42ドルに、日本酒のペアリング40ドルを合わせることに。

KCAさんと3ヶ月ぶりの再会を祝し、獺祭にごりにて乾杯。

1年半ほど前にブログにコメント頂いたことがご縁となって、4ヶ月ほど前にリアルに初めてお会いして、NY、ヒューストン、そしてNYと順番に食事させて頂くのが本日3回目。

この前菜の盛り合わせが、懐石の八寸っぽくて嬉しいですね。(本当の懐石の八寸は木の盆なんでしたっけ)

ユナイテッドのミリオンマイラーであり、ディズニークルーズでもずっと先をいく米国生活の先輩であるKCAさんからは、いつも色々なアドバイス、豆知識を頂いてはお世話になっています。年間70泊前後の私より更にご出張もされている猛者ですし。

蒸した鴨です。

海鮮ちらしです、これがまた美味しかった・・・

とってもお上品な感じで最後はシャーベットで〆。ペアの日本酒も獺祭にごりから、何かの純米大吟醸、そして獺祭の50とあぶなげない試合運び。少し悪く言うと冒険は無し。

今度はじっくり懐石を、あるいはお寿司を・・なんていうお試しには凄い良い機会だと思いましたレストランウィーク。ヒューストンでもやっているはずだから、一度は行ってみようかな。

KCAさんとは積もる話は一軒で解消されるはずもなく、私のたっての希望で近くの丼や(→NYで居酒屋体験)に流れ、自分の中では定番の・・カップ酒を飲みながらのもつ鍋、最後はおじや〆・・という全くレストランウィークでのプリフィックス3品の食事が存在しなかったかのような暴飲暴食にお付き合いを頂きました。さすがに翌日もたれたけど・・美味しかった。

趣味の話が色々面白いのは勿論、食べ物の嗜好があう方との気を遣わないこうした宴の機会って実はとっても貴重でもあり、楽しい時間。また是非よろしくお願いします!

シャコとエビ食べ比べ

中華系の食材店ランチマーケットで冷凍のシャコが安くなっていたので初めて買ってみました。

英語名はマンティスシュリンプなんですね・・・マンティスってカマキリ、ちょっと名前が怖い。いつもの養殖エビも買って、塩茹で大会。(釜茹で地獄)

冷凍シャコ御一行。

こちらは養殖エビ御一行。

塩茹での塩分濃度は2%ぐらいで。ネットで眺めていると3〜4%というのもありましたが、それって相当な塩の量だなぁと思い少し加減しました。

ドドン。

娘達が面白がって自分達で殻を向いて食べていきます。(シャコは棘が危ないので僕がハサミで整えてから)肝心のシャコは冷凍品だったからか少々身がパサついており、旨味もどこかに逃げ出している感じでした。

最後に美味しい茹でたてのシャコを食べたのは・・北海道の友人宅を訪れた2011年かも。。(→シャコの食し方)また食べたいものです。

本日は妻も娘達もエビの方が美味しい!(そして食べやすい)と完全にシャコが負けましたが、次回は美味しいシャコを調達して再戦させてみたいと思います。なんといっても甲殻類最強の呼び声高い方ですからね。

甲殻類ラブが止まりません。(主に食べる方向で)

担々麺はじめました

Katy Asian TownにあるHマートにて食材の買い出し。

ちょうどランチに食べた担々麺がイマイチだったのが心残りでもあり(→Katy Asian Townでアジア飯)、これはもう自分で作るしかないんじゃない・・と妻の示唆を受ける。

麺は生麺コーナーにある担々麺と大書きされた商品を購入、9食入りか。(何回食べるんだ・・) さて問題はどのようにあの四川の痺れと辛さを再現しようかと思いつつ中華系の調味料コーナーを物色したところ・・普通に売ってる。

そのままずばり担々麺の調味料とおそらく中国語で書いてあるもの(右)と、同じメーカーですが、麻辣型川味炒菜醤料の2号と書いてあるもの(左)を購入。川味とは、川の味ではなく、川菜が四川の意味なんで、四川風のスパイスミックス的な感じかと。どちらも2ドルほどで安いモノ。

ニンニクと生姜を熱したごま油にいれ少々香りを出したところに豚のひき肉とネギを投入。ここに油たっぷりなこの四川調味料をドボンと投入し味を整え、固めに茹でた麺と合わせてみます。

あ、こんな感じの味だ、担々麺。
・・ごくあっさりと再現終了。

小腹がすいた時用に小分けして冷凍に。

後日お弁当として食べてみると解凍時の加熱で麺が伸びすぎてしまう気がします。家では麺は都度、食べる時にサッと茹でた方が美味しそうなんでこの挽肉の餡だけ先につくって冷凍しておくのがいいかもしれません。

小腹が空いたら、ちょいと担々麺。
いいかも。

担々麺はじめました。