「No Food No Life !!」カテゴリーアーカイブ

B級グルメ〜洋食王国でロメスパとか

つくづく日本食とは奥深いものだとあらためて感じてきました、今回の日本出張でも。その一つがB級グルメの中でも、いわゆる洋食のジャンル。

洋食もWikiによると、広義では西洋風の料理全般を指すとありますが、勿論ここで言いたいのは狭義のほう。曰く、日本で独自に発展した西洋風料理、こちらです。

今回も新しいようで懐かしい再会が。

その名もロメスパ。

立ち食い蕎麦屋のようなスパゲティ屋さんを指してロメスパと呼ぶそうで、ロメとは路麺、スパとはスパゲティ・・ほんまかいな。。

定番のナポリタンを頂きました。

確かにこの茹で置いたスパゲティを炒めて出すスタイルは給食のソフト麺的でもあり、麺も太ければ、全体にも量多め。洋行(テキサス)帰りの自分はこれっぽっちも多いとは思いませんでしたが・・(大盛りにすれば良かった)。

銀座一丁目のジャポネというお店が有名だそうですが、知らないなぁ。。

代わりに、ジャポネワン〜ヒラメワン〜のフレーズが耳に残って取れない竹橋の毎日新聞社の名店タカサゴにてヒラメワン〜。

これもサイドのスパゲティが山ほどあり、スパゲティと白ご飯が炭水化物ON炭水化物。ちなみにジャポネといえばジャポネーズ。洋食といえば歩いていける神保町のキッチン南海のカツカレーとかも次回食べたいなぁ。

そして締めはANAの国際線ラウンジにて、オリジナルチキンカレーをば。10時過ぎの午前のフライトですから、つい先ほど朝食を食べたばかりのような気もしますが、そんなことを気にしてはいけません。(そして機内でも直ぐ昼食が出ます)

スパゲティとか白身魚のフライとかカレーとか、昭和のB級グルメはやはり洋食天国の日本ならでは、ですね。ヒューストンで近いレベルに迫っているのはGENJIだけかと。

家飲み83宴目〜ハードリカーテイスティング

週末、先日数家族で遊びに行かせて頂いた先輩ご家族をお誘いしての家飲み。本日のメニュー&セッティングもいつものように妻にプロデュース頂きました。

(この日は和食にちょっと洋をいれた感じかな)

(この扇状のお皿、スープカップと相性よく毎度いい仕事してますね、これも妻が掘り出してきたアンティークなお皿)

僕の担当は前々回の家飲みと同じくオーブンで焼き上げるメインの肉。この日はラムラックを塩麹漬け、ポークバックリブをリンゴと照り焼きソースにつけてみました。

(大分と焼き上げるのも慣れてきました)

手前のラムは30ドル、奥のポークは15ドル。でもラムは美味しかったなぁ、、いつもWhole Foodsにあるわけではないのが注意ではありますが。

ポークのリブを次女がかぶりついていたのには驚き。リンゴすりおろしで甘めの味付けにしたのが良かったのか。

本日は先輩ご家族にお酒やデザートだけではなく娘達にまで沢山お土産を頂いてありがたいやら恐縮するやら。

レミーマルタン様を頂き、皆で堪能致しました。久しぶりにコニャックを頂きましたが、・・・美味しいなぁ!と驚きました。

利き酒師の頭の整理的には、ブランデーという主にぶどうを原料とした蒸留酒の一種がコニャック。フランスではアルマニャックと並ぶ高級ブランデーの名称。

等級としては下から順番に、V.S.→V.S.O.P→X.O.あるいはナポレオン。一番下がV.S.でベリースペシャルからスタートして、ナポレオンが最上級の名称とか、いろいろお高く止まったおフランスな感じですね。

以前お邪魔した時に楽しんだフローズンマルガリータを出したり、先日持ち帰ってきたギリシャのリキュールを出したり、バーボン飲んだり、ハードリカー談義とそのティスティングであっという間に時が流れました。

この日もしっかり娘達よりも早くストンと深い眠りに落ちてしまったようで、おそるべしはハードリカーのパンチ力です。

こうして社内外のご家族と週末に楽しく食事して、お酒飲んで、いろいろな話をさせて頂く機会を持てる生活を有難く思うと共に、いつも協力してくれる妻に感謝です。

家飲み82宴目〜観劇談義

先週末の家ご飯はご近所のY家とご一緒に。ご夫婦でミュージカル観劇に行かれる間、我が家でお子様達を預かり遊ばせて、その後の晩御飯で皆が集合する流れ。

(料理は各家持ち寄り&SEIWAの刺身盛りで手巻き)

子供達はサーモン&ツナで先に食べてもらい、大人達はゆっくりお刺身から手巻きを堪能。やっぱり手巻きの日は定期的に開催したいもの。夜の炭水化物摂取は避けたいですが、たまには。

(舟に盛ると少し刺身が豪華に見える気がします)

本日の話題はもっぱら僕以外の皆さんが観劇したばかりの怪人について。ヒューストンにネイションツアーでオペラ座の怪人が回ってきており、土曜日のマチネで妻、日曜日のマチネにY家ご夫妻が出かけられて観劇。

名作「オペラ座の怪人」、僕はかれこれ3年前にブロードウェイで1度観ただけなんですが(→隣人は怪人)、Yさんは日米欧各地でもう10回ほど観劇されている大の怪人ファン。本日のキャストや最近の演出の変更について熱く語られる姿が眩しかったです。

(仲良しなご夫婦ぶりを良く見習いたいと思いました)

ミュージカル以外にも好きな映画の話を伺ったり、学生時代の音楽活動の話を聞いたり、本日はなんだか文化部的な空気感が楽しい家飲みでした。

(本日開けた鳳凰美田も米の味がしっかりで美味しかったし)

僕自身が誰か他の男性とミュージカルの話をしたのは本当に久しぶりでしたしYさんも同様だった様子。世間一般からすればまだまだレアな嗜好の世界なのかなぁという思いを深めた夜でもありました。世界各地に散らばる観劇部の皆さんは元気かな。

テキサスのウォッカ王〜Tito’s

なぜテキサスにウォッカ?というのが最初の印象のテキサス産ウォッカのTito’s(ティートスと呼んでますが、日本語読みだとチトーかな)。ダラスの同業の方に意外なテキサス土産の一つとして勧められたのが最初の出会い。

半信半疑で酒屋で試しに購入し飲んでみると、ボトルで10数ドル後半と廉価な割に飲みやすい味。以来、我が家のハードリカーゾーンでロシア産の正規ウォッカとレギュラー争い中。(最近はTito’sが定着しています)

きっとどローカルな少量製造の一本に違いないと思っていたのですが、なんとニューヨークのラガーディア空港で大広告に遭遇し見る目が変わりました。

調べてみると創業者のBert Beveridge氏、通称Titoさんはテキサスのウォッカ王と呼ばれているそうな。90年代後半に一念発起されハンドメイドのウォッカ作りを初め、これが大当たりして今や数千億の資産家の仲間入りだとか。(少し甘い後口の味わいは、芋や小麦より、とうもろこしを多めに使うからという説明も。そもそもウォッカ作りの常識がさほど分かっていませんが。)

Wikiには2017年の全米のウォッカ市場の7.1%のシェアをもつというデータもあり堂々の全米ブランド。2016年の販売量は750ml換算で45百万本というから相当な量です。

飛躍の転機となったのが2001年のサンフランシスコでのスピリッツコンペティンション、ウォッカ部門で良い賞をもらったこととあります。(公式HP→San Francisco Spirits Competition

このコンペの最近の結果などをHPで眺めてみるとスピリッツのカテゴリー分けとか色々面白いので、もうすこしじっくり読み込んでバーボンやその他の掘り出し物を探すツールに出来ないかな・・と思います。

Tito’s、テキサス州サンアントニオ出身でオイル&ガスの業界で働いていた男が、趣味だったハンドメイドのウォッカ作りに転進し大成功・・といういかにもアメリカンドリームなストーリーが楽しい一本です。見かけたらお試しを!

毎月SPEC’S

妻のハードリカー愛が止まりません。いや、勿論、僕も一緒に飲んでいますけど、おそらく僕より嗜んでる頻度と熱量は高いかも(寝る前に少量ながら)。

本年1月に遅まきながらデビューした近所のリカーチェーン、SPEC’S(→ハードリカーといえばSPEC’S)。

ディズニークルーズ中のマティーニテイスティングから始まったハードリカー探求の旅も、その後のテキーラサンライズをへて(→大人スムージー)、今回は初めてのラム購入。

ラムを買うのは恐らく初めてで(2回ほどお土産でボトルを貰ったことはあります)、銘柄としてもバカルディとキャプテンモーガン、マイヤーズぐらいしかひとまず知らないので、とりあえずバカルディから。(個々の味も思い出せないし)

右のテキーラについては前回のCAMARENAも悪くなかったですが、色々試してみようということで新顔ESPOLON初買い。通常の750mlではフローズンマルガリータをゲストに出した場合、一瞬で無くなるので(蒸発?)、再び大ボトル(1.75L)。

ジンはタンカレーとボンベイといえば、やはり自分はボンベイ推しな気がするのでボンベイ・サファイヤ大で。(→ハードリカー補充@Spec’s

定番のハードリカー在庫の一角、ウォッカについては一旦消費を少し抑え、ホームウォッカは地元テキサス産のTito’sに定めて運用することに。(大瓶ではなく750mlで慎ましく)

(妻がどちらかの御宅のガレージセールでゲットしてきた一冊)

ワインは別にして、ハードリカー、リキュール類をしっかりカバーする辞書的なものが欲しいなぁと思い、この名酒事典のスピリッツ&リキュール編というのをKindleで購入しました。

ただ、大判の固定ページで、文字をつど拡大しないととても読めず、手持ちのKindleでは読みづらいのであまり開いてません。(タブレットにKindleを入れたら読みやすいかも)

(バーボンは常時2種類程度をキープ出来るようジャケ買い)

毎月というのは大げさですが、1〜2ヶ月に1回は確実にハードリカーまとめ買いをしている2018年の我が家。その分、ビールとワインの消費は落ちています(多分)。