「一万冊プロジェクト」カテゴリーアーカイブ

2020年6月の読書ログ

2020年上半期の最終コーナーでどれだけ読めたかなログ。

久しぶりの奥田先生。新作の罪の轍の評判が良いようですが、まずは未読のこちらから。ドラマ化は観てません。いっそ二人で殺そうか、あんたの旦那・・の帯が怖くて、帯買い。

15年後の近未来をマーケティング。

現在進行形で起きている事態の副読本として。でも、新書といってもネットにはもうスピード的には追いつけないですね。紙になっている分だけ読みやすいぐらいしか価値がない。

色々とザワザワしがちな心への処方箋として。

やっぱり最後に心を癒すのは上質な読み物。

■ 10冊(2020年6月)
■ 85冊(2020年累計)
■ 2,377冊(30歳〜45歳)

ウォーキング・デッド4〜海外ドラマ視聴メモ

辛いものを食べて美味しいと感じるのは自傷行為だそうですが、このドラマを鑑賞するのも似たような気が。

感情移入が難しかったシーズン3に比べると、シーズン4はずっと楽しめた気がします。それにしても本当に怖いのはウォーカーよりも人間という恐怖。

徹底的な非日常の中でチラリと訪れる貴重な日常。そのかけがえのない日常も一瞬で散っていくことが繰り返す訳なんですが、皆の人生の続きが気になります。

このドラマからの卒業は亡くなることでしか訪れないのですが、いずれ人は死ぬということから自由になれないというメッセージを繰り返し伝えているのかもしれません。

それにしても、なんて終着駅!(この終わり方でシーズン5を観ないとかあり得ませんね。。まさにFOXの思う壺。)

WOWOW録画がメモリーを圧迫していましたが、Amazon Primeでシーズン9まで観れることが分かりPCモニター視聴に移行。お茶の間で観るとすこぶる評判悪いので。

■ 海外ドラマ視聴メモ(2020年)・・51話
ウォーキング・デッド シーズン1〜4

2020年5月の読書ログ

前月は徹底的に読まなかったので、反省の気持ちを込めて積読の中から少し厚めの本を5月は最初に手に取りました。

前著のサピエンス全史に続いて沢山売れているホモ・デウス。

冒頭で飢餓、伝染病、戦争を人類は克服した、と始まるのですが、伝染病とガチンコで戦っているなぁと思いながら読み始め。

人類が次は不死や幸福の追求を目指し最後は神にならんとする・・という予測には興奮。でも、色々と問題もあって、、と話は続き、最後段で出てくるデータ至上主義の台頭はマトリックスな近未来も予感させる読後感。で、自分はどうすればいいのか、と考えさせられる本です。長いですが読む価値あり。

近未来を占う本としては、こちらも凄いボリュームでした。単純にシェアリング・エコノミーの話かと思って読み始めましたが、自分が定義していた以上に裾野の広い社会考察。

フルライフとは自分の人生が充実していること。フルライフとは、well-being(よく”ある”こと)とwell-doing(よく”やる”こと)の重心を見つけること。

すごくすっきりと著者の石川さんの考えが頭に入ってきましたし、共感出来ました。

課題感があるからこそ手にとってしまいます。

おもろいおじさんウォッチの一環で成毛さんの未読著作を固め読み。

その流れで定年おじさん研究。
定年が嫌なら一生働き続ける仕事を見つけるだけですね。

どちらも大学の競技ダンスの世界を描いた話ですが、その世界の当人だった人がほぼノンフィクションで書き上げた息苦しさと、取材して書いてみただけのラノベなお花畑の対比が面白かったり。

ラストワンマイルの攻防を描いた企業小説。

ステイホームで読書量が減るということは、通勤時間は貴重な読書時間でもあり、気分転換の思索の時間でもあったということ。

さて・・2020年、208冊読むためには・・かなりペースアップしてかないと、です。

■ 12冊(2020年5月)
■ 75冊(2020年累計)
■ 2,367冊(30歳〜45歳)

シルバースプーンからのハガレン

我が家にステイホームと時を同じくして導入されたのが、、漫画習慣。いや、自分じゃなくて妻や娘が。

自分はもともと年間200冊の小説やビジネス書を読む裏で、年間400冊の漫画を濫読する男でしたが、それもこれもTSUTAYAのレンタル漫画が生活の近くにあれば、の条件付き。

海外生活中は時折漫画をkindleで読んでましたが、帰国後はそんな習慣も小休止でした。それがここに来てまさかの再起動。

きっかけは妻が幾つかの漫画の全巻セットをメルカリで買ってみたところから。これに長女が乗ってくる形に。漫画とはいえ、長女からすればそれなりの量の活字なので温かく横目で見守っていたところ・・・

「銀の匙」読み終わったので、同じ作者の他の漫画読みたーい。じゃあ、この「鋼の錬金術師」ってのを。。。

そうか、既に完結した作品から探すとなると、こんな順番の出会い方もあり得るのか。。。銀の匙に出会ったのも、酪農とか農業高校が舞台なら動物好きの娘が喜ぶんじゃないかと思ってと妻。

名作から名作をまさかの順番で。

こんな形でハガレン一気に読み返すことになるとは贅沢の極致。連載中に少しずつ読む昔も楽しかったですが、今や待ち切れません。最初から定評のある作品、それも完結作品を浴びるように読んじゃうのって楽しい。

そして全27巻(一部新品含む)が3,300円プラス着払い1,000円ポッキリとは等価交換の基本原則からも外れているけど、錬金術的に大丈夫か・・と心配しちゃうレベル。

2020年4月の読書ログ

自身の知的活動を測る一つのKPIがこの読書ログ。

読めていない月、そもそも本にまで手を伸ばそうという知的好奇心をモテていない月はろくなもんじゃない。それがこの4月。

(わずかに読んだ本も単なる情報収集の一部)

新コロ情報収集でネットに多くの時間を振り向けたこと。在宅勤務頻度が上がって通勤での読書機会が減ったこと。本屋に併設されたブックカフェに寄るのも自粛したこと。そもそも本じゃなくて漫画読んでいたこと。うん、ゲームもしてた。理由は明らか。

本というメディアにはやはり速報性がないことを確認。慌てて書いたのか、単に元々の持論を世情に寄り添わせたのか。

今回の新コロ対応も機に、ビジネス的な情報収集は完全にデジタル記事や動画へ移行できるよう自らの環境とマインドを整えたいと思います。(日経新聞はさすがに電子版です)

一方で紙の読書はビジネスの中でも体系だって整理された定評のあるもの、教養であったり娯楽としての趣味方向により集中することとにすればメリハリが効くかしら。

■ 2冊(2020年4月)
■ 63冊(2020年累計)
■ 2,355冊(2006年30〜45歳)