hiropon181 のすべての投稿

駐在員のココロエ

今回の出張では、3ヶ月前にタイに赴任されたばかりの先輩にお世話になりました。まだ、年明けにご家族が到着されたばかりなのに、晩御飯も2度お付き合い頂くなど至れり尽くせり。

Do, or do not. There is no try. Do, or do not. There is no try.

まだ店のレパートリーが少ないんだけどね・・と言いながら案内頂いたタイ料理屋。夜景が美しいチャオプラヤ川を対岸までボートで渡るところからいきなりロマンチック・・・

ただし、本日は男2人ですが。

Do, or do not. There is no try.

(個人的に、メニューを熟読する食いしん坊タイプの方に共感します)

日本では直接同じ部署になったこともなかったのでご一緒したことなかったですが、こちらでの仕事の話、到着したばかりのご家族の話などなど、色々伺いました。

「やはり駐在員たるホストとしては、ゲストに目一杯この国の滞在を楽しんでもらいたい」 とのお言葉にはとっても共感。 (自分も、ドイツ2年、ベトナム1年、同じように考えてました)

ゲストに喜んで頂くためには、まず本人自身が、その国での生活をエンジョイできてないと。勿論、日本を離れれば思いもよらぬ不便、不自由が毎日襲い掛かり、ストレスは山積み。

Do, or do not. There is no try.

(傍目には美しい王宮を望む夜景ですが、たっぷり目の下ではゴミが流れさってたり)

受け入れられない点を、あれがダメだ、ここがダメだ、と言い連ねても全く事態は解決しない。 今回の滞在でも、駐在する人によって反応は大きく二分されるよなぁ・・と客観的に分析。

つまり、その国の良いところを探せる人と、悪いところしか見えない人。結局は、人生への姿勢につながる気がします。

願わくば、自分に海外駐在の機会が与えられた時には、そのチャンスに心を躍らせ、(不便な国でも)前向きに生活を楽しみ、お客様を喜んで出迎えられる駐在員を目指さなくては。

その為には、勿論、家族の理解とバックアップが必要。一致団結できるチーム(家族)づくりをしないと、です。

アジアンな血が騒ぐ

自分の中での東南アジア体験といえば、やはりベトナム。

2004年9月から2005年6月までの1年弱を長期出張者として過ごしたハノイが原点。あの熱気と喧騒に煽られ、なんだか気持も高揚してた日々をバンコクでふと思い出しました。

バンコクはハノイに比べれば目のくらむような大都会ですけども、やっぱり東南アジア独特の空気は一緒な感じ。

Do, or do not. There is no try. Do, or do not. There is no try.

(このゴチャゴチャ感と食べ物と人混みの匂いが渾然一体となった雰囲気)

取引先の駐在員の方と夜は食事をご一緒しながら、外地での苦労話をお聞きし、でも、やっぱり日本は日本の大変さがあるよなぁと話に戻り(どこの会社も同じか)。

 

Do, or do not. There is no try.

(カラオケはあまり好きでもないので、大好きなマッサージ屋へ日参、この日は贅沢に、足裏+爪手入れ&角質取り)

Do, or do not. There is no try.

(フラフラ街を歩いていたら小腹がすいたので春雨サラダで我慢)

春雨サラダで僕は我慢しているよ!と妻に自慢げに報告したら「深夜には何も食べずに帰って寝なさい」と諌められた。

次の海外旅行は南の島もいいけど、アジアの喧騒というのもいいなぁ。あ、でも、お子様にはきついから、やっぱり南の島かな。

微笑の国で余命を思う

出張も、まぁ旅の一部として考えると非日常の中で考える時間が増えます。無国籍な感じのBARで1人軽く食事を取りつつ黙考。(BARの名前はバッカス=酒の神)

Do, or do not. There is no try.

(アボカドのディップにイチゴを合わせるって爽やかで良いアイディア、今度やろう)

大前研一さんが、松下幸之助翁をみて余命を意識し始めたとの記事を読んで考えた。果たして自分はあと何年生きられるのか、生きたいのか、生きるべきなのか。

よし、切り良く余命40年を掲げたいと思います。(思うってのもおかしいですが) 現在36歳ですから、76歳(享年)。

40年という限った時間を意識し、仕事、カラダ、家族との時間、自己実現を考え直してみたい。母も、義父母も、みな健康に長生きできれば、同じぐらいか、ギリ見送れるぐらいかなぁ。

あれだけカラダを鍛えた父親が53歳で事故で亡くなり、父方のじいちゃんも50代で病気で亡くなったんで60代に突入出来るだけで相当達成感がありそうですが、ここは家族もいるので欲張りに40年。

しかし、40年というのは本当に長いのか。

■ 晩御飯は残り14,600回
■ 読める本は、年200冊ペースでも、たったの8,000冊
■ 妻と一緒に子育てに没頭できる期間は?
■ 元気なカラダで自分の歯でモノを噛める期間は?

なんだか考えるほどに、時間が限られたものである気がしてきました。自分にとって限られた時間、人生を如何に使うか、活かすか。そのためには、やはり如何に考える力を身に付けるか、これだと思います。

「無教養な人間は、あらゆる偶然的な諸事情のうちに巻き込まれ、そのことによって要点を失う。」(ヘーゲル「小論理学」 日経アソシエ10/19号記事より)

では、ヘーゲルさんのいう教養があり、正しい考え方が出来ることとは、、

■ 捨象すること

本質的ではないことをスッパリと捨てること。具体的なもののうちに普遍的なものを見て取ること。

不要なものは頭から一掃し、本当に大事なこと、価値あるものを意識できるか。それも、限られた時間の中で。

右手か左手か

(食事前、食事中の方はあらかじめご遠慮ください)
(・・・いや、本当に)

さて、前回、タイ料理の魅力を語った続きなんですが、翌日。そもそも辛いモノ好きなんですが、滅法、胃腸弱めな自分。

さらに、いつの頃からか牛乳を消化する酵素が無くなった中年ボディ。そんなことを忘れ、ついついコンラッドの朝食を堪能。えぇ、カフェにどぼどぼとミルクを投入したり、さらにヨーグルト類なども味見しつつ。

勿論、昨晩に蓄積した香辛料が胃腸をチクチクする中で。バンコクから北に向かうこと3時間の行程。車が走り出して1時間もしないうちに、やってきたんですノックの音が、それも急速に。

「・・・すみませんが最寄りのトイレがある場所で可及的速やかに休憩を・・・」

「OK NO PROBLEM! NEXT GAS STATIONでね。」

・・・ガソリンスタンド、全然無いし。。。というような地獄の時間はさておきまして、問題はその後。

Do, or do not. There is no try.

(トイレがこんなに美しく見えたのは久しぶりでした。。実際、とっても清潔で綺麗)

えも言われぬ至福の瞬間を過ごして、我に返る訳ですが、、、はて?おおぉっと、こ、これは、そうだったのか。

Do, or do not. There is no try.

神よ・・違う、紙だ。

動転していて気がつかなかった訳ですが、これは確かに水洗トイレ。なにが水洗って、お尻を水で洗う・・・・自分の手で。しかし、この状況で、水と手をどういう順番で使えばはたして正解なのか。(悩むほど過体重に悩む太ももの筋肉はプルプルしてくるし)

結局、手桶をもちつつ、もう片方の手に水をまぶして慎重に水洗作業に入った訳ですが・・NO~、思わず利き手の右手使っちゃいました。

確か・・インドでは左手を不浄の手としてお尻磨き専用に使っていたはず。。このまま自分の場合は右手を不浄として生きるのか、、、しかしそれでは日々の運用が。。

結局、左手にバトンタッチして、めでたく両手が不浄の手に。ザブザブと手桶でセルフ水先便所、女神様のご加護を信じ綺麗に流しまくって退室。

ヒンドゥやイスラム、さらには仏教でも不浄とされる左手。その宗教的文化的背景はさておいて、ついさっき自分のお尻を水洗した左手では握手しないよなと納得。

そんなことも百聞は一見に如かず的な体験だと思ったのでした。(僕がその日は右も左も使ってしまい、でも、その後に挨拶するときに握手したことはさておきまして)

これで妻が手をつないでくれなくなったら・・・シザーハンズ的だ。(by ジョニー・デブ)

魅惑のタイ料理

かれこれ5回目のタイ上陸なんですが、毎度の訪問先は・・有名店のソンブーン・シーフード。

Do, or do not. There is no try.

ビヴァ、 プーパッポン・カリー!!

蟹の濃厚な味がしっかりと卵にうつりまして、もうたまりません。東京のタイ料理店では、なぜかこの味にたどり着けません。(たいがいの世界の料理は東京でも美味しく食べれるのに)

今回の出張は、入社2年目、タイ初めてのJYOJIと一緒ですので、定番をガイダンス。

Do, or do not. There is no try.

春雨サラダのヤムンセン。

Do, or do not. There is no try.

やっぱりエビカニダイスキー。

Do, or do not. There is no try.

地味ですが、このナスも美味しいんですよねぇ。。

タイ料理の魅力と言えば、やっぱり・・辛い、甘い、酸っぱい、そしてハーブ達の香りが渾然一体となって攻めてくるところ。

日本料理とは大分と違うところにあるなぁと実感しつつ、こんなに楽しめるのが不思議。五感のみならず、胃腸も駆使して、異国の刺激を楽しみました。

さて、この翌日、思わぬ感覚が刺激されることになるのですが・・・それは後ほど。(晩御飯食べに行ってきます)