hiropon181 のすべての投稿

最近の読書(2012年7月)

7月になって読了した本を順番に眺め返しつつの振り返り。
まずはビジネス書系。

入社10年目の羅針盤/PHP研究所
¥1,470
Amazon.co.jp

入社15年目ですけど、幾つも良い気付きを頂けました。人生の目的はゴールに早く着くことではなく、ゴールまでの旅を楽しむ事にあるとは見事。

たかが英語!/講談社

¥1,050
Amazon.co.jp

楽天の7000人の社員が2年間で英語をマスターできるようになるのであれば、日本国民全員が英語を話しはじめるようになるかも、環境次第ということか。

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと/朝日新聞出版
¥1,470
Amazon.co.jp

ノマド的に働く事を意識して、本業にも取り組んでみようかと思っています。ホワイトカラーの生産性とは、既に量でカバーされる世界はとっくに終わっています。暮らしのあり方とは、ココロのあり方。しがみつくモノをまずは減らして行きたい、生きたい。

 

180日でグローバル人材になる方法/東洋経済新報社
¥1,575
Amazon.co.jp

米国流の横社会についての考察が興味深かったです。たとえばシンガポールなんかにも華僑の皆さんの横社会があるんだろうな、と。

経営戦略 (ライトワークスビジネスベーシックシリーズ)/ファーストプレス
¥1,260
Amazon.co.jp

グロービスで講義をうけた先生が書いているので手に取ったのですが、イマイチ。ビジネスから離れて本屋で衝動買いしたのはコチラ。

「一生食べていける力」がつく 大前家の子育て (PHP文庫)/PHP研究所
¥580
Amazon.co.jp

大前研一さんの息子さん二人は、どちらも大学中退ですが、しっかり世で食べていける人達のようです。大前家に限らず、しっかり世の中で食べていっている子供達を育てた親は、誰もが偉いと思います。

ビジネス書じゃないかもですが、ちきりんさんがブログで勧めていた新書2冊。

不平等社会日本―さよなら総中流 (中公新書)/中央公論新社
¥693
Amazon.co.jp
会社の値段 (ちくま新書)/筑摩書房
¥840
Amazon.co.jp

こうやって、新書でも誰か信頼できる方が目利きされて勧める様な本を確実に手に取れればあまり知見の無い分野についても良い入門書に出会えると思います。あ、だから書評ブログって人気があるのか。

最後は通勤の帰り道で読んだ3冊。通勤中は気分転換に小説や軽い新書を放り込んでいることが多いです。

ガリレオの苦悩 (文春文庫)/文藝春秋
¥680
Amazon.co.jp

鉄板な安心感あり。

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)/集英社
¥798
Amazon.co.jp

ジョジョの世界観も、奇妙というよりは緻密に構成されたものであると感じます。荒木先生は著者近影が50歳を超えても若々しいままで、リアル波紋の使い手と噂されるとか。

第4部の途中で読むのをやめてしまったジョジョですが、今一度シリーズを読み返してみたいなぁ。累計で100冊ちかくあるようですが。

クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥630
Amazon.co.jp

二作目の「ヒートアイランド」で上げて、三作目の「ワイルドソウル」で大ブレイク、そしてこれで失速。そんな流れでしょうか。処女作は未読ですが。。(午前三時のルースター)

初めて手にしたのが「君たちに明日はない」で、そこから遡っていったので多彩なイメージ。「ワイルドソウル」は必読の面白さです。

なんだかんだと今年も年200冊ペースをキープ。

■ 107冊 (2012年)

7月勉強会

2012年、5回目の有志勉強会。
・・・終了後の飲み会。

Do, or do not. There is no try.

まずはほそぼそでも、継続して前向きな時間を過ごせる仲間との場づくりから。近況交換からはじめて、各自の課題や問題意識を共有。

今月トライアルで30分ほど導入したビジネス英語のパート、意外と好評。きっかけはこの本から。

たかが英語!/講談社
¥1,050
Amazon.co.jp

英語が突然社内の公用語になる、楽天やユニクロの状況を他人事と思っていてはいけないと思います。たかが仕事のツールのひとつと割り切って、さっさと克服しておきたいひとつという認識を共有。

本日のおもてなしは妻お手製のグリーンカレーとポテトサラダ。勉強会運営の影の功労者です。

すねかじり

せっかくの3連休、少し手間をかけた料理をしたいと思い近所の肉屋さんで購入。和牛のすね肉、800グラムで2,000円。

Do, or do not. There is no try.

(塩コショウをしてオリーブオイルでマリネして寝かせる)

Do, or do not. There is no try.

(タマネギ、青森ニンニクたっぷり、そしてセロリを山のように)

すね肉をオリーブオイルでしっかり焼き色つけてから、野菜を炒めていきます。あとは水分を入れずに赤ワインとトマト缶、オリーブと野菜から出る水分だけでコトコトと。

焦がさない程度の弱火で煮込むこと2時間弱。ローレルは勿論、オレガノや利きそうなスパイスをここぞとばかりに放り込みます。

Do, or do not. There is no try.

(随分と水分でましたし、その水分も飛んできました)

Do, or do not. There is no try.

■ No.46 牛すね肉の煮込み

材料費は4皿分で、なんだかんだ3,000円。勿論夫婦二人で、これは美味い、美味いとあっさりと平らげました。(ちょっと食べすぎ)

今度は牛タンにも挑戦したいなぁ。

低炭水化物生活トライ

久しぶりの公開減量生活カテゴリ記事アップ。それだけで減量が停滞期に入った事態を感じさせます。

Do, or do not. There is no try.

人生ピークの83キロの年初から79キロへ、そこらあたりで壁にぶつかり現在80キロ前後。沖縄旅行から帰京したら81キロ。

カロリー管理生活もややマンネリ化し、一方で運動強度をあげていくのもそれなりに億劫。でもやはりあと5キロ下げたい、75キロ以下に。 決め手をかいていた訳ですが (そしてその為のモチベーションも)

O先輩と飲んでいて、そのヒントが。人間ドックで糖尿病の懸念が指摘されたO先輩が、独自の調査と研究の結果辿り着いたのがコチラ。

そして実践わずか1ヶ月でマイナス5キロを達成した低炭水化物生活。以前に興味をもったトータルワークアウト。(TちゃんやOさんが見事に成功されていました)

でも、そこまでは過激ではない炭水化物制限生活。まずは、米や小麦粉、その他の穀類、糖分から距離をおいた週末3日間を送ってみようと思います。

でも困るのは平日の朝、昼の食事。

Do, or do not. There is no try.

(コンビニで炭水化物を避けてみると、昼の食事はこんな感じ)

これは妻の協力無くしては成功しないだろうな。家族平和のために、まずは僕の健康、どうか宜しくお願いします。

100

リフレッシュ休暇中に取り組んだことのひとつが、中長期のライフプラン考察。30歳の時にベトナム長期出張時に書いた「10年後の自分」など幾つかの過去資料も見つつ。

Do, or do not. There is no try.

(お二人に出会う7年前から登場が予言されてた、かも)

死ぬまでにやりたいこと、成し遂げたいこととして、「人生のやりたいこと100」のリストアップ。棺桶リストっとも呼ばれるそうですが、スティーブジョブズも人生最後の日だとしたら・・と言っていましたね。

100個あげるのに時間かかるかと思ったのですが、結構一瞬でした。。おそるべき欲望の塊な自分。。ここで100個を全て公開するのは避けますが、ランダムにあげてみたものを分別すると以下に大別可能。

■ 概念
■     健康
■ 趣味
■ 教養
■ 社会・仕事
■ 経済・モノ・カネ
■ 家族

数が多いのは、趣味と家族に関連すること。

数年以内に実現可能なものから死ぬまで検証必要なもの、時間軸考えると結構難しいもの、様々。こうしてみると意外にも仕事へのこだわりの低さや、モノやお金への執着の低さも感じました。

一方で自分自身が人生の中で発揮したい能力や結果、家族への思いというのも再認識。一部だけ敢えてご紹介。(自分を追い込む為に)

・腹筋が割れ割れでシックスパック
・禿げない
・75歳で倒れて2週間で急死
・70代でトライアスロン参加
・子供のお弁当をつくる
・母親が幸せな余生をおくる
・出版したビジネス書がベストセラー
・死ぬまでにあと1万冊の本を読む(200冊年ペースでも50年)
・CNNをNHKと同レベルに理解できる
・娘の結婚式でワルツを一緒に踊る(多分泣く)
・世界平和に少しでも貢献する
・妻の弟が獣医として成功する
・日経新聞か日経ビジネスの記事に仕事で名前が出る
・妻の立ち上げた事業が軌道に乗り、成功する
・息子が東大に入学(ちなみに現在息子は存在しません)
・死ぬときは借金ゼロ
(それなりにマイルドな内容のものだけ幾つかピックアップ)

ご紹介できないレベルの戯言、妄言が多数控えてますが、結構本人は本気で狙ってます。ただし通常の人生1回分では時間が足り無そうですので、そのあたりの優先順位付けが重要かと。

こうして具体的に自分の願望を意識してみるというのは大事だと思います。実際にやっている人は意外に少ない気がしますけど。