苦労魚

留守の妻から画像着信。
あ、今度皆で食べに行ってみようと思っていたのに先越された!

(クロウフィッシュ、またの名をザリガニ)

(アメリカザリガニ、またの名をマッカチン)

僕も食べたかったなぁ・・と思っていたら、ちゃんと残して置いてくれました。(ホントはボイルしたての熱々を食べてみたいところですが)

スパイスが効いているせいか、泥臭さも全く感じませんでした。
これなら生きているヤツを仕入れて、我が家でザリガニ・パーティーも出来るかな。

(ママ作の塩竈焼き、凄い!)

(レッドスナッパーが昆布に巻かれて格納されてた)

美味しかったけど、レッドスナッパーの味ってイマイチ淡白でさっぱりめ。調べてみるとレッドスナイパー=バラフエダイとあり、鯛とは分類的には科から違う。

白身でも脂がのってる、アカムツ(ノドグロ)とかは当地にはいないのかなぁ。そもそも店頭での魚の種類が少ないことより、鮮度がイマイチというのが問題かもしれません。

(これは養殖なので、鮮度がいいのかな)

どうしても魚食より肉食にシフトの米国生活です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です