初秋刀魚

日本人として秋の秋刀魚を食べない訳にはいきません。

でも今年は・・・一匹も食べてない!


(まずはココロを落ち着けるために一杯の純米吟醸)

そんな事実を、ラストオーダー直前に飛び込んだサカグラにて気付きました。

あぶない、あぶない。


(秋刀魚の塩焼き@マンハッタン)

秋刀魚といえば、最初は500円ぐらいが徐々に100円に近づくのが旬の価格。

勿論、NYまで旅して頂いてますのでお店での売値はまさかの14ドル。(え?)

大事に大事に・・・一瞬で頂きました。

大根おろしに醤油というだけで舌が小躍りします。


(ジャパニーズマジック)

カウンターの隣の米人夫婦が感心して見ておりました。

漁師のひ孫ですから。

秋刀魚のはらわたの苦味とこの純米酒がまた合うんですよね、くぅぅ。

そして、自家製の烏賊塩辛で白米を頂き今夜を締める幸せ。

ジャパニーズ@マンハッタン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です