突撃隣の晩御飯

ちょっと所要あり、北海道の実家に週末帰省することに。実家までの道すがら札幌の友人達と一杯飲む約束をセット。

しかし開宴時間が午後22時のため、ちょっとそれまでを持て余す感じに。そこでダメモトで友人に当日連絡取るとまさかの自宅待機の日。

14時まで東京で仕事して、17時半には北海道で友人と合流。
日本もなかなか狭いものです。

「・・・すまんね、急に晩御飯にお邪魔して。」
(突撃、隣の晩御飯ですな、これは)

(本日の夕食はグラタン!)

(個人的に帆立、北寄、甘エビを食卓に加えさせてもらう)

友人夫婦は共働きなのですが、平日はどちらかが晩御飯担当。ここのところ奥様は連日の残業で帰宅が遅いそうで旦那様が主夫。

子供達に晩御飯用意する姿も手慣れており、自分も見習わなくてはと刺激に。家事分担といいながらも平日はほぼ完全に妻におんぶにだっこなので。

(年1回ペースで会ってるとムクムク成長する2人)

同じように自分の娘もドンドン成長していくのかなぁと友人家族を見ながら思う。自分のことは人を通してみたほうが良く見えたりするもの。

大学1年の出会いからもう20年のお付き合い。これからも交友が続きますように。(毎度、突然の思いつき訪問ですまん)

■ イクラいくらでも (2013年訪問)
■ 帰省は同級生宅経由で (2012年訪問)
■ 同級生夫婦との美味しい宴 (2011年訪問)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です