デロリアン遭遇

先週、出張の仕上げでジョージ・ブッシュ空港から自宅に向かう帰路。

何やら見かけないフォルムの車が前方に・・・

詳細確認すべく抜きにかかる私、唸れスカイアクティブ!(マツダ車です)


お、、


おぉぉぉ

な、なんと・・・デロリアン!!!(正確にはDMC-12というのが車名)

それも完全にバック・トゥ・ザ・フューチャー仕様です。(生ゴミ燃料使える奴)

運転席にはマーティーことマイケル・J・フォックスがいるのか?と大興奮。

ところが、普通にでっぷりとした黒人オーナー様が運転しており少々残念。

速度が88マイルに達したら何か起きないかと期待したのですが、

70マイルの安全運転でタイムトラベルも確認出来ず。(当たり前だ)

その後に調べてみると、デロリアンとは過去に実在した自動車会社の名前で

唯一製造したのがこのDMC-12、映画の影響もありカルト的な人気だそうな。

中学生の時に初めて観たバック・トゥ・ザ・フューチャーの面白さは衝撃的でした。

あれから30年近くたっても未だに飽きずに観てますハリウッド映画。


(ジュラシックワールド)


(アントマン)


(ターミネーター)


(ミッションインポッシブル)

妻子もおりませんでしたので、休前日の楽しみはレイトショー鑑賞。

しかし、4作中3作品が続編とは、大丈夫かハリウッド。

シュワちゃんとかトム様とか、いまだに引っ張りだされておりますが、

クリス・プラットとかジェレミー・レナーとか、40歳前後もイケてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です