米国で家探し

銀行口座が出来たら次にやることは家探し。勿論、当面は仮宿暮らしも選択出来るのですが自分は早めに動くことに。

家族がやってくる11月を目標に家の設営をしっかり終わらせるのが目標。短い期間で引っ越しをするのが面倒というのも理由です。

当地の不動産エージェントのIさんと共に物件内覧ツアーの始まり。(とても親切で面倒見の良い方なのでお勧めです)

重要なのは自分にとっての優先順位をきちんと付けること。
(何やら仕事と同じような)

■ エリア
■ 住居の種類 (一軒家、タウンハウス、アパート)
■ 間取り、敷地と建物のサイズ
■ 予算

大きくはこんなところでしょうか。自分の場合は、まずエリアを決め、間取りは3ベッドルームを条件に予算を設定し、その上で複数のタイプの住居を比較させてもらいました。

予算が限られているので割りと古めの一軒家がHITしてます。

参考のため、邸宅のような家も見てみましたが、これはメンテや掃除が大変そう。

まるで南国リゾートのような豪華アパートも一つだけ空きがありました。

幾つか見ているうちに自分なりの優先順位が整理されてきます。これもご縁ですので、見て回った中で「これだ」と思うものに申し込み。

結果的に同日に他の方からも後で申し込みがあったそうで一旦は大家さん預りに。幸い自分を選んで頂くことが出来ました。(外国人を理由に落ちなくて良かった)

さて、ここから電気、水道、ガス、ネット、全て自分で引かなくてはいけません。あとは洗濯機や乾燥機も無い物件なので、新規購入しないと。

その上でからっぽな部屋にどんな家具を配置していくのか。これはちょっと楽しみな作業。(できれば奥様と一緒に選びたかったけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。