アメリカンなSUSHIのおすすめロールは?

出張先のアラバマ州モービルの夕食。既に20時過ぎですが何か食べないと眠れないので一人で街へ。こんな時はいつもYelpでのレストラン検索が強い味方。

ただし、レビューやスコアはあまり当てになりません。よりリーズナブルな店が高い評価になりがちです。味でいくならOpen Tableの方が信用できるという話もありますが、いずれにせよ、ここは米国ですので・・(自粛)

■ CHUCK’S FISH (→公式HP

まだレビューが3件しかない新しいSUSHIの店が出てきたので、今夜はなんちゃって日本食探検隊のつもりで足を向けることに。

驚いたことに入り口の外まで喧騒が伝わってくるぐらいの大賑わい、火曜の夜なのに。。

予約はなかったものの二階のSUSHIカウンターの前に陣取ることが出来ました。良かった。それにしてもモービルでこれだけ新装開店のSUSHI屋が繁盛しているとは嬉しい限り。

カウンターの奥ではアジア系のおばちゃんが一心不乱に寿司を巻いてます。(not 握る)さてさてまずは枝豆と地元の生ビールで心を落ち着けながらメニュー構成の研究から・・

想像通り基本は巻物専門で、あとは刺身か握りですが選べるネタはわずかに3種類!マグロ、ハマチ、サーモンのみ。でも確かにこの3種類が米国の地方の流通の中では鉄板かもしれません。

見る限り、クオリティは悪くなさそう。

さて、以上をふまえてのベストアンサーとなる巻物は何でしょう・・・米国生活3年目の私が出したアンサーはこちら。

レインボーロールと鉄火巻き。

レインボーロールは店によるかもしれませんが、きゅうりと海苔が内側に入った裏巻きで、表はマグロ、サーモン、ハマチが使われていました。(アボカドを使う店もあるかも)そして鉄火巻きはシンプルにマグロ赤みを細巻きにしたもの。予想通り。

ネタが良いのならスパイシーマヨネーズや揚げ物と一緒ではなく食べたいもの。(あれはあれで美味しいのですが)

カリフォルニアからはじまり、アラスカにアマゾン、スパイダーにドラゴンと、地域から生き物まで何でもありのSUSHI ROLLS。なかにはTNTという名前で激辛だったりも。

いましばらくは、寿司屋ならぬSUSHIとのおつきあいが続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。