ゴルファー・イン・ザ・ダーク

かれこれ2ヶ月ぶりにゴルフの練習に。

一応ホームコースに練習会費を月60ドル払ってますので、いかねば損。

すっかりスイングを忘れた身体でドライバー振り回すと・・

意外と普通に当たる。(でも、アイアンは感覚が抜けてしまった感じ)


(夕焼けの中で・・)

これは実践練習の方が良いかなと思いドライビングレンジからラウンドに移行。

既に16時ですので、当然のようにお一人様カートでスタートです。

一人でブツクサ検証をしながらのサクサク進行。

途中で二人組なども抜かせて頂き、気がつけばハーフ終わってまだ1時間の17時。

(内容はダボペースですが、ま、練習なのでと気楽な感じで)

既に夕焼けこやけですので上がろうかとも思いましたが、もう数ホールやるかと

後半戦に突入。(引き続き一人で誰も前にいません)

だんだん暗くなり手元も怪しくなってきましたが蛍光ボールにすると割と見える。

そもそもボールの弾道を気にしないから、ある意味思い切りよくスイング。

(もちろん、ラフなどにいけば一発アウトゆえフェアウェイキープが基本)


(こんな感じで黄色の蛍光ボール)

しかし、残り3ホールあたりでいい加減周囲は完全に夕闇に。

もう高架砲部隊のように着弾点を予測してボールを捜索するという進行。

結果、意地で回りきり、まさかの午後18時過ぎに暗闇でホールアウト。

18ホールを2時間ほどで進行した計算になります。

■ 111 = 54 + 57(パット37)

芝目が読めないのでパットがややぶれましたが、実力的にはこんなものか。

どうやらこれが2015年のラストのラウンドです。

2015年はラウンド28回、平均107、100切りは5回でした。(達成率18%)

2016年はこの確率を上げていくのが目標です。

しかし、僕の戻りを待っていた従業員の若者達には申し訳ないことをしました。

(多分、一人で30分は通常より引っ張ったかと)

■ 米国通算ラウンド51回、練習17回、ベスト97、平均110.84

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です