25品目で8ドルのサラダ〜Salata

米国で繰り広げられる終わりなき減量生活。

まさに穴のあいた小舟で大海を漂流しながら絶え間なく侵入する海水を掻き出すような日々。・・え? 口を閉じて何も食べなければ良い、、それが簡単に出来ていたらこんなに困らないわけですが・・。

そんな日々に少しばかり差す光明の一つがヒューストンではランチにサラダの一択。(つまり出張中以外の昼はサラダのみ)

過去数カ月のブログを追うだけで、自身の嗜好の変化の経緯が行間より感じられます。確実にサラダ好きになっている・・

■ →サラダ記念日      (2016年10月)

■ →米国でわりとサラダ好き (2016年11月)

■ →草食系への進化?    (2016年12月)

ベースにしているのは近所のサラダバー専門店Salata。なんと発祥はテキサス州ヒューストンのご当地チェーン。(→公式HP

道理で近所ではあちこちに見かける印象ですが(ヒューストン市内だけで20店舗)、街を出ると見当たらないのか。。現在はテキサス州内を中心に、カリフォルニア州、イリノイ州にも出店拡大中のようです。2005年創業ですから結構な成功モデルかも。

ここ数カ月のSalata通いの結果、ほぼ自分の型(オーダーのやり方)が固まりました。

BOWLのサイズは当然レギュラーの8ドル(スモールは7ドル)。ベースベジはサラダミックスにスピナッチ。この選択でまず5種類の野菜がマイサラダのベースになります。

続くセカンドベジのゾーン、ここが最も重要と考えています。

左上の一枠だけが毎週内容が変わりますが、基本はいつも同じ顔ぶれのセカンドベジゾーン。大概の人がここで迷いながら4〜5種類を選ぶのですが・・甘い甘い。自分はこの4×3のゾーンで毎回同じ一言をボソリ。

「エブリシング」・・・(リトル・バイ・リトル)

最初の頃は「は?」何言ってんだ的なオーラをスタッフが醸しておりましたが、最近は皆が何も言わずに僕のBOWLに全種類をせっせと入れて出してくれるようになりました。これで5+12の17種類。

続く豆系ゾーンでは、コーン、グリーンピース、オリーブの3種類が自分の定番アイテム。これで20種類に早々に到達です。

あとはその日のお腹の減り具合を鑑みながら、ゆで卵のみじん切り、チーズ系、クルミや松の実などをちょちょいと気分で足していきドレッシングを選んで、25品目のサラダがめでたく完成する運びです。

初期の頃はプロテインゾーンでかならずグリルドチキンをオーダーしていましたが、最近はこれをカットすることで3ドルの減額に成功。レギューラベジ + チキンで合計11ドルとなるところが、ベジのみであればミニマムの8ドルとなるのは地味に大きな違い。

(TO GOパックにこんもり入ってます、凄い量)

今回も2泊3日の出張で新MAX体重に設定したはずの80.0キロをオーバーしてしまったので数日かけてサラダランチ生活で戻したいと思います。(夜の会食のない今週が絶好のチャンス!)

・・・でも、その次の週はまた平日4日間がNY出張ゆえ振り出しに(これの繰り返し・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。