ぶらり、クアラルンプール

本日は丸一日クアラルンプールで自由なんで、リュックに本を詰めてブラブラ。移動手段は勿論、徒歩中心で(イスカンダルとの関係もありますので)。

IMG_5950.JPG

まずは宿の近所のインド人街を南に向けて歩いてみます。サリーやらカーペットを売る店がごっちゃりある中を、インドの軽快な曲が流れてます。

IMG_5951.JPG

イギリス統治時代の名残を感じる、スルタン・アブドゥル・サマド・ビル。現在は最高裁判所として使われてるそうです。

IMG_5953.JPG

2つの川の合流地点に立つ、市内最古のモスク、マスジッド・ジャメ。タマネギ形のドームやアーチはムーア時代の様式に影響をうけているそうな。

南国マレーシアに、イスラムとインドの雰囲気が流れているのがエキゾチック。それにしても道行く人も、中国系、マレー系、インド系、本当に様々な多民族国家。

IMG_5954.JPG

このあたりから中国人街に突入。世界のどこでも存在感のある中国人って本当に凄い人達です。

IMG_5955.JPG

関羽様が祭られている関帝廟。まさか関羽も、日本をはじめとする沢山の子供達にまで有名になるとは思わなかったはず。

IMG_5957.JPG

セントラル・マーケット内で面白そうなもの発見。これって例のお魚さんでは・・・10分135円ならやるっきゃないと、足をドボン。

IMG_5963.JPG

ギャハハ・・・信じられない勢いで魚達が足に群がります。僕のダンスや水虫で剥けた皮を貪る魚達を見ながら、軍隊蟻に襲われたらとかを想像。

IMG_5964.JPG

足もツルツルになったところで、2階に上がってランチ。ナシ・レマという庶民料理です。ココナツで炊いたライスをオカズが取り囲む感じ、これも美味しい。

IMG_5965.JPG

このお店は映画プロデューサーのオーナーが李香蘭をイメージして造り上げたとか(るるぶ調べ)中国アンティークの調度品が店内にはたっぷりつかわれております。

IMG_5970.JPG

続いて中国人街のはずれにあるチキンライスの人気店でランチをはしご。それにしても、どんな路地裏でも地図さえあれば辿りつける自分の感覚はたいしたものだと自賛。

こちらは、蒸し鶏もうまいんですが、蒸した際に出るスープと、そのスープで炊いたライスが絶品。お値段も、豚のローストを付けてもたったの270円、庶民派グルメ万歳。

IMG_5971.JPG

食後に2時間の足裏マッサージ休憩で体力回復した後は、モノレールを乗り継ぎタワーを目指す。ペトロナス・ツインタワー、大都会の象徴ですね。ケルンの大聖堂にそっくり。

IMG_5975.JPG

巨大なショッピングモールには思いつく限りの世界のブランドが揃ってます。もう、見るだけで僕なんかは購買欲が萎んでしまいました。

オープンスペースでピアノ生演奏を聴きながらビール片手に読書するという贅沢も満喫。いよいよ本日の最終目的地の新鮮魚介の有名店に突入。(結局、食べ物かい・・)

IMG_5984.JPG

オーストラリア産の活けロブスター、1尾でかるーく1万円以上・・却下。日本産の干し鮑、1個でかるーく1万円以上・・やっぱり却下。

IMG_5983.JPG

おぉ、タイガー大びん(not 魔法瓶)、久し振りだねぇ。(ベトナムでライセンス生産されていたので、僕にはおなじみのラベル)

IMG_5985.JPG

四角豆の炒めもの、大好き。(そういえばタイへ旅行した時に四角豆のサラダを食べたなぁとか覚えている自分が怖い)

IMG_5986.JPG

そしてお目当ての、花カニの炊き込みご飯(~800円ぐらい)。

カニの良い味が蒸し上げたお米(もち米おこわ系)にしみわたり、なんともトレビヤン。しょうしょう早いですが、ここで結論、クアラルンプール、いやマレーシアは旨い!

次回以降はボルネオ、ペナン、ランカウイ、マラッカなどを攻めたいものです、できれば誰かと一緒に。。(美味しいモノの感想をシェアしたいし、もっと種類を食べたい)

さて、今からチェックアウトしてシンガポールに移動しまーす。朝ご飯は空港で何食べよう、麺かなー、米かなー。

「ぶらり、クアラルンプール」への4件のフィードバック

  1. ヒロポンさんの日記を読んで来年のプライベート旅行はベトナムに本決まり中(笑)
    独断ですがw
    ペナンとランカウイは行きましたが、何もなかったです。
    とくにペナン。。。
    どしゃぶりだったし・・いい思い出無いっす orz

  2. ひたすら、たべたいです。
    あ~うまそう。
    うらやましいです!!

    アジアンフード大好きです。
    うむ。
    逝きたいアセアン。
    毎年3回くらいいくけれどもw

  3. ご実家のあるシンガポールも初めて訪問してきました。いいよねー、アジアンフードに、アジアの空気。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です