2016年は捨てられる男になる予感

41歳になって、必要なものと不要なものが段々見えてきた気がします。

(・・遅いという指摘もございましょうが)


(書類戸棚もほれこの通り、あっさりと整頓)

うっすらと見えるキングダム33~35巻は本当に必要なのかという疑いがありますが

やはり再読した上で勢いこんで続きの36~40巻をKindleで買いたいな、と。

その他、歴史系、教育系、語学系の既読本はまだ手元に置いております。

でも特にもう開く可能性がなさそうな本は寄付へ。


(捨てるモノと図書館に寄付する本に分別)

続いて、エルドリッジの樹海と言われる日も近そうな裏庭に果敢にトライ。

剪定ばさみ一つで無双モードに。(ビフォー写真とればよかった・・)


(切りまくり抜きまくりのアフター)


(残骸、量が多すぎてもう少し枯れさせてからゴミへ)

今年も何度も裏庭でBBQしたり、プールを設置したり楽しかったなあと思い出す。

(→プール開き)

(→遠赤外線ステーキ)

それもこれも東京では考えられないようなサイズの平屋建てに住めるおかげ。

これは豊かなアメリカ生活の恩恵の一つ。

とはいえ、モノがあふれるアメリカだからこそ、モノを見極める目を磨かないと。

間違いなく帰国する時に困ります。(どうせ殆ど持って帰れません)

多くのモノの中から、本当に長く付き合いたいモノをしっかり見極めて

出番の少ないモノ達は日々の選別の中で減らしていく生活。

2016年は今まで以上に「捨てられる男」を目指したいと思います。

もちろん、妻には捨てられないように気をつけながら。(お約束ですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です