スカイリム体験プレイ

昨年12月より、アラフォーの元ゲーマーがひっそりと進めるやり直しゲーム入門。やり直す必要はない・・との各所のご意見を頂きつつも。(→アラフォーで元ゲーマーで〜FF XVはじめます

第一弾はFF XVに合計36時間を投下してクリア。(→ファイナルファンタジー15クリア(ネタバレ)

エンディング画面を拝めたことに満足して、これ以上のやり込みも必要ないと判断(さらなるレベル上げとかクエストをもっとやるとか・・)。次は世界のRPGの最近の潮流となっているというオープンワールドゲームの有名どころを幾つかやってみようかなとまず手に取ったのがスカイリム。

The Elder Scrollsというシリーズの5作目で2013年に発売されたもののPS4版。なんと1作目は1994年の発売というから、なんだかんだ20年かけて5作ですか。一貫して同じ惑星の大陸で世界観を同じにしたシリーズが紡がれているとか。

開発したのは米国のゲーム会社ベセスダ・ソフトワークス。(他にはFalloutシリーズも有名なのかな、Fallout4が2015年に発売)

まずはグラフィックが見事です。日本語の翻訳がイマイチこなれていない部分は、自分がオリジナルの英語版でプレイしていないのであまり言えるところではありませんね。

このゲームの売りが自由なキャラクターメイキングだと思いますが、そこは洋ゲー。何をどう選択しても濃すぎる謎キャラです。

(うーむ、渋いオッさんが誕生)

基本は剣と魔法と幾つもの種族が登場する中世的世界にて好き勝手に暮らせ。あ、なんなら突然復活したドラゴンを倒せる選ばれた勇者みたいだから頑張ったら?というよう導入のストーリー展開です。

片手剣と盾ではじめ、最終的には両手剣でビシビシとドラゴンをしばけるような剣士を育てられたら格好いいかもなぁ・・と思いながら駆け出しの初心者クエストを幾つかこなしてみました。

それにしてもドラゴンや巨人や山賊がワラワラ出てきては殺されます。上限はあるようですが、自分のレベルに応じ敵も強くなる模様。(緊張感がありますね)

しかし、このヒゲのおっさんを愛着持って育てる気がしません・・従者になる女剣士なんかも、やたら怖い顔ですし。。

(連れて歩きたくないよ・・・)

PC版では、mod=modificationというゲームを改造するデータが多数出回っており、キャラを美形化したり、ゲームデータを変えて難易度をいじるような多数のアドオンや改変が出来るそうです。が、PS4版ではごく限定的なmodしか使えない模様。(なので、まだ何もやっておりません)

(こんなふうにキャラを美人化することも可能だとか)

(すでに鎧なのか水着なのか、わからん。でも嫌いじゃない。)

巨乳で露出度高い女剣士とか喜んで使っているとまさにディープなオタク感が漂ってくる気がしますが、さて。結局、14時間ほどかけてレベル10までの序盤を触ってみたところで一旦手を止めました。

(やっぱりこんなキャラだったら、まだやるかも)

■ スカイリム(PS4) ☆☆★★★(今のところ)

■ PS4累計プレイ時間・・50時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です