好奇心の快楽

日経ビジネスオンラインで佐々木正吾さんが、米国の経済心理学者の「好奇心の心理学」という興味深い論文の内容を紹介しておりました。

要旨は以下の通り。

● 人間は自分に予測できない事柄に強く興味を惹かれる

● しかし、それはある程度まで「予測できる分野」についてであって・・

● 予測自体が不可能な出来事には、興味は抱かない

人は無意識にせよ「予測をしている」からこそ・・

● 予測を裏切られる「喜び」を感じる

・・・こ、これは深いかも!?

好奇心とは、人間にとって、自分にとって、重要な楽しみの源。もしも、好奇心を刺激し、楽しみたいならば・・・

● 知識を得ることが最良の策

知識なくして予測できず、予測ができなければ・・

● 予測を裏切られること = 好奇心の快楽を味わえない

自分は快感を得る為に、(無意識に)知識を求めていたのか!

知ること、分かること、がイコール快感とは違う気がするなぁとは薄々感じていましたが、この説には、激しく同意。

恋されるより、恋する方が面白いのは、予測が裏切られるから。1人より、2人で踊るほうが面白いのは、予測が裏切られるから。たまに我侭で理不尽な女性がときに可愛いくうつるのも、予測が裏切られるから。
(・・以下山ほど思いあたる)

しかし、ある程度、展開を予測できるだけの

● 前提知識(経験、興味)が マスト!!

自分の好奇心の快楽の効率的な引き出し方が解明できれば、よりいっそうのバラ色の幸せな日々が待っている!!

・・・と興奮している時点で既に脳内バラ色かも~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です