中華は王将で良い〜支出の最適化

半月ほど前のことですが、次女の誕生日に「久しぶりに昼は外食しようか、何が食べたい?」と問いかけたところ「王将!」と。

極めシリーズを大盤振る舞い、いくらでもどうぞ。

娘達は王将の炒飯も餃子も大好きで生餃子を定期的に買って家で焼いたりしているのですが、本当、中華は王将で十二分。(大阪王将も好きです)

同じ理屈で、寿司はスシローで良いし、イタリアンはサイゼリアで良いし、焼き鳥は鳥貴族で良い。4人家族の外食が5,000円程度で収まってなおかつ満足度が高いのであれば最高です。

ここに自分達の重心があれば、回らない寿司屋やとんがったイタリアンに行けば更に喜べること間違いなし。でも、それを普通にしては外食の世界がやや狭くなる。

今のところはまずまず調整出来ているなぁ(自分自身の欲望管理を含めて)と再確認できた瞬間でした。

ここまで半年の家族外食費の累計は・・16万円(月2.5万ペース)。週1回出掛けたときの予算は5千円、2週に1回であれば1万円、このぐらいで賄えれば言うことなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です