最近の濫読

商工会の図書館にてジャケ選びしてるので、まさに最近は濫読。

今回も3作品は著書初読みしてます。

悪人/朝日新聞社
¥1,944
Amazon.co.jp

プラナリア (文春文庫)/文藝春秋
¥525
Amazon.co.jp

読後感が微妙なのでどちらの方にも、2作目には手が伸びないか。

半落ち/講談社
¥1,836
Amazon.co.jp

これは面白い。次は評判の良い「64」を読んでみたいです。

本作品の直木賞落選をめぐってのエピソードも興味深いものがあります。

鍵のない夢を見る/文藝春秋
¥1,512
Amazon.co.jp

神去なあなあ日常/徳間書店
¥1,620
Amazon.co.jp

既に面白い著作に出会っている著者との再会は、少々の安心感が。

(辻村深月先生はツナグ、三浦しおん先生は舟を編む、など)

そして直木賞作家も自分より年下になってきたのだなと年齢を確認して実感。

極めつけはこちら。

何者/新潮社
¥1,620
Amazon.co.jp

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)/集英社
¥514
Amazon.co.jp

1989年生まれって、君が何者・・って感じです、朝井リョウ先生。

そういえば2013年の情熱大陸でみて、ほほぉと思ったのですが読んでなかった。

何者のリアル感も、きっと自分自身で就活をしながら考えたことなのだろうな。

思わず自分もあの頃の何者でもない自分をどっぷりと思い返してしまいました。

今も何者でもないですね。

空飛ぶ広報室/幻冬舎
¥1,728
Amazon.co.jp

今回の濫読〆はは有川浩先生で。

まだ未読だった自衛隊シリーズ4作目、これも直木賞候補でした。

安定感のある筆運びに加え、ちょっとあまーい!ところがたまりません。

図書館戦争シリーズ面白かったなぁ。(既刊作品はほぼカバー済み)

小説では語られなかった部分、空井とリカのその後については、ドラマでは

ちゃんとホッとする終わり方にしてくれていたので安心。

■ 80冊(2015年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。