再びのメタボ指導(2021年)

全ての会話がデジャブ感・・いや、この場合はデブ感あり。

(共食い専門店)

人生で2回目となる特定健康指導、いわゆるメタボ指導を受けてきました。今回こそラスト・・・3回目は受けないぞ、3回目は。。(→初めてのメタボ指導

昨年成果が出なかったのは担当した会社のせいではないのですが2021年は違う会社を選んでみました。するとこちらの会社ではFitbitを装着して毎日一万歩を歩くことを推奨してきました。それもう自主的にやっていますわ!(→365万歩のマーチ2021

Fitbitアプリを入れる部分を大幅にショートカット出来たので、管理栄養士のお姉さんの関心は、私の生活指導に。

目標として、シンプルに1ヶ月1キロ減(&ウエスト1センチ減)、これを次の人間ドック受診まで継続するように・・ということでした。

本年のXデイ(人間ドックの受診予定)は11月と定めたので(→人間ドックを先行予約)、残る期間は半年ほど。確かに体重5キロ&ウェスト5センチ減が出来ればメタボ脱出は一丁上がり、です。

そのために必要なことは毎日▲240kcalの生活習慣変化。さすが管理栄養士、王道のカロリー派です。(普通ですか)

私がお姉さんに約束させられたのは・・

✔︎ 毎月、休肝日10日
✔︎ 昼ご飯と晩ご飯はご飯一杯まで

確かに最近ご飯が美味しくてお代わり上等!となっておりましたので、これは我が食欲を正したいと思います。休肝日10日はこの3ヶ月は結構出来ていますので継続で。

✔︎ お家で自重筋トレ
✔︎ お家でヨガとかストレッチ

こちらも習慣導入を強く勧められました、コロナでジムを辞めたと説明したところ。まぁ、正論ですね。。

さらに、2月から16時間プチ断食を継続していると補足説明したところ、朝食はきちんと食べて朝から糖質を取るよう勧められましたが・・このアドバイスは採用しません。オートファジー覚醒はまだ研究中なので。

毎年の恒例記事としないように。。(そう言いながら、記事に2021年と添えてしまう弱気)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です