初めましてマツカワさん〜実家メシ

先週の実家帰省、夜の実家メシが二回でしたので記事も二本に。(→最初の夜は1,000円刺し盛り

この日は近所の串鳥の持ち帰りを中心において・・と思っていたのですが、結局魚介系も少し揃えてしまいました。それだけ北海道の地元スーパーが魅力的ということで。

(学生時代からお世話になってきた串鳥、コスパ最高)

前夜が北寄貝、ニシン、甘海老という、ある意味北海道の王道的ラインナップだったので、今夜はかなり変化球で。

左上から時計回りに道東のカレイ、千葉のカツオ、激安だったシメサバに、釧路からというミンククジラ。

生カツオは完全に自分の好物ですが、マヨネーズ醤油で食べるのが母には目新しかったようで良かった。クジラは珍しかったのでつい、釧路でも調査捕鯨の鯨があがるんですね。

今回の素敵な出会いがカレイ、初めて買ったマツカワさん。これまで知りませんでしたが鰈の王様と呼ばれる超高級魚。

自分が買ったのは400円ほどの小ぶりなものでしたが、100円、200円で叩き売られているあの店のカレイ達の中で、1,000円近い値付けがなされていて以前より気になっていたんです。(松川とか松皮とも書くそうです)

はじめましてのマツカワさん、しっかりと旨味が強い白身で程よく脂ものっていて、そこらのヒラメを完全に上回る味。これは・・・また見かけたら絶対に買おう。

漁獲量が減って幻の魚となっていたそうですが、近年少しずつ戻ってきたそうです。(コロナのおかげで地元のスーパーに回ってきたのかもしれません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です