目黒区長選挙2020

こんな時期にやらんでも・・と思いつつ、そうもいかない理由もひょっとしたらどこかにあるのかもしれない区長選挙。選挙権を頂いて行使するのは6年以上ぶりです。

都知事のご指導通り三密を避けるのを徹底しようと心に誓い、長女の母校へ投票に。幸いにソーシャルディスタンス維持が出来るぐらいの閑散ぶり。

争点は4期16年の現職を信任するか、対抗馬のどちらかに入れるかというところでしょうか。現職区長の息子も区議会議員となっていることを問題視する指摘もありましたが、国会議員を見る限り政治は世襲制となっているので、何を今更という気がします。

開票結果は現職の勝利。対抗馬が二つに割れたことが問題だったようにも見えますが、選択肢があることがまずは大事。

日本共産党の党綱領を初めて読んでみましたが、いやぁ・・と言葉を失う感じです。本気で今から社会主義、共産主義な国家の成立を目指したいというのでしょうか。一つ一つの政策提案は割と頷けるものもあるんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です